謎の事件屋

謎の事件屋

  • 依頼主 :ワイモンド(ウルダハ:ナル回廊 X9-Y8)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :情報屋のワイモンドは、冒険者に紹介したい仕事があるようだ。

ワイモンド
「よォ、噂の冒険者様じゃないか。
 最近活躍してるようだな。
 そんなお前に、紹介したい仕事があるんだ。
 情報屋が手に入れた、最新の案件でね。
 ・・・・・・っと、その前にだ。
 お前は「事件屋」の二人組を知ってるか?」
(「事件屋」の二人組を知っている?)
(はい)
ワイモンド
「もしかして・・・・・・お前が「運命の友」なのか?
 昔、事件屋のオッサンが言ってたんだ。
 運命の友ができた・・・・・・ってな。
 オッサンは・・・・・・死んだよ。
 月の衛星「ダラガブ」をぶっ壊すために、
 爆風を使って空高く飛んでいったっていうじゃないか。
 落下地点らしき場所には、焼け焦げたチェーンコイフと、
 オッサンの形の深い深い・・・・・・穴があったらしい。
 当然の結果さ・・・・・・。
 でも、奴のおかげでエオルゼアは救われたんだ。
 オッサン亡き後の事件屋稼業は、
 助手のナシュちゃんが色々勉強して、頑張っているんだが・・・・・・。
 さて、ここからがお前さんに頼みたい仕事だ。
 最近、妙なゾンビーが人々を襲う事件が増えていてな。
 どうやら助手の彼女は、その「事件」を聞きつけたみたいだ。
 さっそく、自作の爆弾をたくさん抱えて、
 ザナラーンの荒野に出ていっちまったようでな。
 彼女ひとりじゃ危なっかしいし、手伝ってやってくれねェか?
 事件屋のオッサンたちとは、ちょっとした知り合いでね。
 助手のナシュちゃんのことも、ほっとけないんだ。
 俺が情報屋を開業するきっかけになったのも・・・・・・なんてな。」
(いいえ)
@@@@@
聖アダマ・ランダマ教会のナシュ・マカラッカと話す
ナシュ・マカラッカ
「ヒルディブランド様・・・・・・。
 ゾンビーさんたちを倒すには、
 どうすれば良いのでしょう・・・・・・。
 あっ! あなたはもしかして・・・・・・。
 ナシュのお手伝いに来てくれたんですか~?
 はじめまして、ナシュ・マカラッカといいます。
 冒険者さんが来てくれて、とても嬉しいです~。
 ・・・・・・ナシュもヒルディブランド様みたいに、
 かっこよく事件を解決したいんですけど・・・・・・。
 ひとりじゃ全然、うまくいかないんです・・・・・・。
 事件屋のヒルディブランド様は、
 凄い方だったんです~。
 エオルゼア中の、ど~んな事件でも華麗に解決しちゃう、
 大胆不敵で素敵な紳士だったんですよ~!
 ・・・・・・でも、ヒルディブランド様は・・・・・・第七霊災で・・・・・・。
 巨大化する小月「ダラガブ」からエオルゼアを守るため、
 勇敢にも、ひとりでお空に飛んでいってしまったのです・・・・・・。
 ・・・・・・そして、「ダラガブ」は姿を消しました。
 あれはきっと、ヒルディブランド様のおかげなんです。
 だからナシュは、墓前に誓いました・・・・・・。」
(過去視)
ナシュ・マカラッカ
「ヒルディブランド様・・・・・・。
 ダラガブからの生還を楽しみにしていたのに、
 こんな形で、再会するだなんて・・・・・・。」
-事件屋ヒルディブランド ここに眠る-
ナシュ・マカラッカ
「エオルゼアの危機を救うために戦った、光の戦士・・・・・・。
 みんな、その名前を思い出せないっていいます。
 でも、ナシュはちゃんと覚えています。
 ヒルディブランド様が「光の戦士」だったんだって!
 ヒルディブランド様が命がけで救った、
 エオルゼアの未来・・・・・・。
 ナシュが守りきってみせます・・・・・・。
 エオルゼアの平和は・・・・・・
 「事件屋ナシュ・マカラッカ」が守ります~!」
(現在)
ナシュ・マカラッカ
「「変なゾンビーさんがいっぱい事件」のことなら、
 ナシュ、いろいろ調査をしておきました~!
 彼らは、強い影響力を持った「指導者」を得たようです。
 その指導者への絶対的な忠誠を示すためか、
 奇妙な信仰の舞をしながら、暴れているようです~。
 「ザンラク脇本陣」の西で暴れるゾンビーさんを倒せば、
 悪の指導者につながる鍵が、見つかるかもしれません!
 冒険者さん、ぜひお力を貸してください~!」
ザンラク脇本陣西のF.A.T.E.に参加して怪しい紙片を入手
(F.A.T.E.『砂の上の足あと』
 奇妙奇天烈な行動で人心を惑わす
 死霊軍団「ゾンビー紳士団」が現れた
 ゾンビー・ジェントルマンを倒せ)
(ゾンビー・ジェントルマン
「先生のように美しく!」
「先生、見ててクダサイ!」
「もっと・・・もっと紳士ニ!」
「紳士力が・・・滾ル!」
「練習の邪魔をスルナ!」
「生きては帰サヌ・・・」)
聖アダマ・ランダマ教会のナシュ・マカラッカに怪しい紙片を渡す
ナシュ・マカラッカ
「もう何か見つけたんですか~! 冒険者さん、すごいです~!
 ナシュもゾンビーさんを倒すための「お薬」を、
 たくさん作ってきたのですが、必要なかったですね~!」
(怪しい紙片を渡す)
ナシュ・マカラッカ
「むむ~、この紙には・・・・・・
 指導者の居場所と、合言葉が書いてあるようです!
 場所は、サゴリー砂漠の南。
 合言葉は・・・・・・「しんし」だそうです~。
 なんだか、素敵な響きの言葉ですね~。
 ともかく、サゴリー砂漠の南に行ってみましょう!」
サゴリー砂漠のナシュ・マカラッカと話す
ナシュ・マカラッカ
「地図に記されていた場所はここみたいです~!
 えぇと・・・・・・合言葉は何でしたっけ・・・・・・。」
(合言葉は?)
(のばら)
ナシュ・マカラッカ
「う~ん、もっと素敵な合言葉だったような気がします~!」
(せんし)
ナシュ・マカラッカ
「う~ん、もっと素敵な合言葉だったような気がします~!」
(しんし)
虚ろなゾンビー
「オオオオオオ・・・・・・。
 我らが「ゾンビー紳士団」の合言葉を叫ぶのは誰ダ・・・・・・。」
怒れるゾンビー
「おのれヒトの子・・・・・・我らの合言葉を語るとは・・・・・・。
 殺セ・・・・・・殺セ・・・・・・。」
????
「ゾンビーたちよ・・・・・・。
 その振る舞いは、紳士的ではありまセン・・・・・・。」
落ち着いた声の男
「ヒトの子よ・・・・・・迷惑をかけまシタ・・・・・・。
 あなた方は、早く安全な場所に帰りなサイ・・・・・・。」
ナシュ・マカラッカ
「あ、あれは・・・・・・そんな・・・・・・!
 ヒルディブランド様!?」
怒れるゾンビー
「セ、先生!!
 すみませんデシタ~!!」
ナシュ・マカラッカ
「ヒルディブランド様~!
 お墓から復活してたなんて、ナシュは感動です~!」
ゾンビィブランド
「ヒルディブランド・・・・・・?
 いいえ、私の名は、ゾンビィブランド・・・・・・。
 大胆不敵で知的な紳士のゾンビーなのデス・・・・・・。」
ナシュ・マカラッカ
「ゾ、ゾンビーなんかじゃありません~!
 大胆不敵で知的な紳士の・・・・・・事件屋さんです!」
ゾンビィブランド
「しんし・・・・・・な・・・・・・じけん・・・・・・や・・・・・・!?
 うぐ・・・・・・しんし・・・・・・じけん・・・・・・アガガガガガガガガガ。」
ナシュ・マカラッカ
「やっぱり・・・・・・衝撃で記憶喪失になっていたんですね。
 それなら、ナシュのお薬に任せてください~!」
ゾンビィブランド
「・・・・・・や、や、やめなさい、ヒトの子よ・・・・・・。
 私は生まれながらのゾンビーデス・・・・・・。
 ちょっと・・・・・・ほんとにやめなサイ・・・・・・。
 お薬って言うケド、火薬の臭いが尋常じゃありまセン・・・・・・。
 ちょ、ほんとにヤメ・・・・・・。」
ナシュ・マカラッカ
「記憶喪失には、ナシュ特製の薬爆弾です!
 ナシュ、錬金術とかたくさん勉強したんですよ~!」
ゾンビィブランド
「アナタ、もう自分で爆弾って言ってるじゃないデスか!
 ちょっとまって、アアッ!
 アアーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!」
口調が変わった男
「なんてことをするのですか、ナシュ!
 ま、また死ぬかと思いましたぞ!」
ナシュ・マカラッカ
「ヒルディブランド様!
 ナシュのこと、思い出してくれたんですね~!」
ヒルディブランド
「そういえば、なぜ私はこんなところに・・・・・・?
 あれは確か・・・・・・エオルゼアに戻ってきたあとでした・・・・・・。」
(過去視)
ヒルディブランド
「ふぁ~あ・・・・・・よく寝ましたぞ・・・・・・。
 なんだか黒い龍の不思議な夢を・・・・・・。
 ・・・・・・ここは、どこ?
 ・・・・・・・・・・・・私は、誰ですかな?」
(現在)
ヒルディブランド
「そうだ、何を忘れていたのでしょう!
 私は・・・・・・私は旅の事件屋、ヒルディブランドですぞ!」
ナシュ・マカラッカ
「よかったぁ!
 ナシュ、嬉しいです~!」
ヒルディブランド
「フッ・・・・・・この不死身のヒルディブランド、
 小月ダラガブや、黒い龍ごときにはやられませんぞ!
 おやおや!?
 ヒルディブランド復活の場に早くも駆けつけるとは!
 貴方はもしかして・・・・・・私の・・・・・・ファン?
 よろしい、さっそく事件が私を呼んでいますぞ!
 早く現場に駆けつけねば! ハーッハッハッハ!!」
ナシュ・マカラッカ
「お墓のなかで寝ていただけなんて、
 さすがヒルディブランド様、素敵です~!」
  怪しい紙片:ゾンビーが持っていた腐臭漂う怪しい紙片