敏腕美容師の過激なる美技

敏腕美容師の過激なる美技

  • 依頼主 :ス・ホジュビ(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X11-Y11)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :溺れた海豚亭のス・ホジュビは、何かを気にしているようだ。

ス・ホジュビ
「聞いとくれよ、さっき悲鳴が聞こえたんだ。
 また、切り裂き魔が出たのかもしれない。
 ・・・・・・ちょっと見に行っちゃくれないかい?
 切り裂き魔ってのは、最近、巷で噂の悪党でね。
 刃物を突きつけて、金品を奪っていくらしい。
 悲鳴は、魚商「ハイアライン」の方から聞こえたんだ。
 あんた冒険者なら、ちょっと見に行ってくれないかい。
 もし困ってる人がいたら、話を聞いてやってくれよ。」
困っている人がいたら話す
錯乱した男
「はぁ、はぁ、はぁ、ち、違う、違うんだ。
 オ、オレもヒ、ヒ、ヒ、ヒガイ・・・・・・うぁぁぁぁ!」
怯えたご婦人
「お、お、お助けを!
 この変態男が、突然ワタスに斬りかかってきたんだすぅ!
 きっとコイツが巷で噂の切り裂き魔にちがいねえだすぅ!
 ワタスは、巷で噂の「敏腕美容師」様と
 ここで待ち合わせしてたってのによぉ。
 2年も貯金して、1年も順番待ちしたんだすぅ。
 だのに、敏腕美容師様はまだ現れてくれねえし・・・・・・
 踏んだり蹴ったりとは、このことだぁ。
 はっ、まさかこの切り裂き魔が、
 敏腕美容師様を切り刻んだんじゃあるめえな・・・・・・!?
 アンタ、そこの「錯乱した男」を「問い詰め」てくだせぇ!」
錯乱した男に「問い詰める」をする
錯乱した男
「はぁ、はぁ、ち、違う、聞いてくれ。
 オレもヒ、ヒ、ヒ、ヒガイ・・・・・・うぁぁぁぁ!
 ダ、ダメだ、もっと強くオレを「問い詰め」て、くれ・・・・・・。」
(問い詰める)
錯乱した男
「ち、違う、違うんだ。
 オ、オレもヒ、ヒ、ヒ、ヒガイ・・・・・・うぁぁぁぁ!
 はぁ、はぁ、頼む、き、聞いてくれ・・・・・・
 さっきショウバイ道具を・・・・・・奪われちまった・・・・・・。
 アレはオレの心と身体の一部・・・・・・はぁ、はぁ、はぁ。
 握ってねえと不安で、まともに話せな・・・・・・うぁぁぁぁ!
 頼む、とにかくオレの心と身体を・・・・・・かき集めてくれ。
 今から言うヤツらに、オレの名を伝えるだけでいい・・・・・・。
 ナルディク&ヴィメリー社の「ハ・ナンザ」、
 グリダニアの木工師ギルドにいる「べアティヌ」、
 ウルダハの錬金術師ギルドにいる「セヴェリアン」の3人だ。
 はぁ、はぁ、オ、オレの名は・・・・・・ジャンドゥレーヌ。
 オレこそが、ビ、ビ、ビヨ・・・・・・うぁぁぁぁ!」
錯乱した男
「頼む、とにかくオレの心と身体を・・・・・・かき集めてくれ。
 オレこそが、ビ、ビ、ビヨ・・・・・・うぁぁぁぁ!」
ナルディク&ヴィメリー社のハ・ナンザと話す
ハ・ナンザ
「ジャンドゥレーヌという挙動不審な男の使いだって・・・・・・?
 ったく、またアレをなくして発作を起こしちまったのかい?
 ヤツにとって、アレは身体の一部みたいなもんだからね。
 握ってないと、どうにも不安になっちまうらしいのさ。
 しかも、アレならなんでもいいってわけでもない。
 ジャンドゥレーヌの華麗なアレさばきに耐えられるのは、
 ウチで特別に鍛えたアレだけさ。
 さあ、早いとこもってってやんな。
 ヤツのことだ、アレを握ってないと、
 呼吸も忘れちまいかねないからね!」
木工師ギルドのベアティヌと話す
ベアティヌ
「おやおや、ジャンドゥレーヌさんてば、
 またアレをダメにしちゃったんですか・・・・・・。
 はぁ・・・・・・どんどん交換が頻繁になってますね。
 「アレはオレの一部だ」とか言っておきながら、
 使い方が荒すぎ・・・・・・あ、いやいや。
 彼のアレさばきが超人的だから・・・・・・でしょうか。
 え、アレが盗まれてしまったんですか?
 ・・・・・・彼ったら意外と天然さんですね。
 そういうことならば、急いで届けてあげてください。」
錬金術師ギルドのセヴェリアンと話す
セヴェリアン
「ジャンドゥレーヌの使いだと!?
 ヤツは先日、大量にアレを仕入れていったばかりだが、
 もう使い切ってしまったというのか。
 ふふ・・・・・・さすがはヤツ、実にヤツらしいではないか!
 ・・・・・・なに、使い切ったんじゃなくて、盗まれただと?
 まあ、細かいことはどうでもいい。
 ヤツとは、珍しく気が合うのだ!
 誰もが躊躇する珍妙な染料を喜々として使おうとする
 飽くなき探求精神は、実にすばらしい!!
 さあ、依頼の品を受けとるのだ。
 わが心の友に大至急届けてやるがいい。
 試作品や新色も多数忍ばせておいたぞ!」
リムサ・ロミンサの錯乱した男に依頼の品を渡す
錯乱した男
「頼む、とにかくオレの心と身体を・・・・・・かき集めてくれ。」
(ハ・ナンザの小包とベアティヌの小包、セヴェリアンの小包を渡す)
錯乱した男
「あああああああ、息ができる、力がみなぎる・・・・・・
 オレは今、最高に生きているっ!
 さあ見てくれ、これが本当のオレだっ!!」
ジャンドゥレーヌ
「オメーの人生、ザックザクに切り刻んでやんよ!
 キィィイイルゥゥゥ オア ダイッ!」
怯えたご婦人
「ぎやああああああああああ!!!」
ジャンドゥレーヌ
「どうだ・・・・・・新世界に生まれ変わった気分はよ?
 ・・・・・・バラ色だろ?」
新生せしマダム
「なんだか、生まれ変わった感じがするわ!
 これが・・・・・・ほんとに私なの・・・・・・ステキ!!
 あなたが、噂の敏腕美容師様だったのね!!」
ジャンドゥレーヌ
「そうだッ! 今この瞬間、オメーは新しく生まれ変わった。
 だから今日は、オメーの誕生日だッ!
 誕生日おめでとさん!
 ヤヴァイところを、ありがとよ。
 オレの心と身体を届けてくれた礼をくれてやるぜッ!!
 オメーの人生、ザックザクに切り刻んでやんよ!
 キィィイイルゥゥゥ オア ダイッ!
 ・・・・・・っと、今回はお預けだ。
 オメーが新世界に行きたくなったら、オレを呼べ。
 そんときゃ必ず生まれ変わらせてやんよ・・・・・・バラ色だろ?
 本来、オレは予約に追われてヒジョーに忙しい。
 だが、恩人のオメーだけは特別だ!
 オメーが望むなら、宿屋で呼び鈴をならしな。
 いつだってオメーの人生、切り刻んでやんよ!
 また、必ず会えると信じてるぜ。
 その時、生まれ変わる未来のオメーに告ぐ!
 誕生日おめでとさん!
 生まれ変わるオメーへの、誕生日プレゼントだ!
 その「美容師の手形」を持っていきな。」
新生せしマダム
「あわわ、敏腕美容師様、お待ちくださいっ!
 次の予約もお願いします~!」
  ハ・ナンザの小包:鋭利な刃物が包まれているらしい小包
  ベアティヌの小包:細長い木工品が包まれているらしい小包
  セヴェリアンの小包:大小様々な薬瓶が包まれているらしい小包