タタルの願い

タタルの願い

  • 依頼主 :タタル(西ザナラーン X11-Y13)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :砂の家のタタルは、あるものを探してきてほしいようだ。

タタル
「本部移転が決まってからというもの、
 引っ越しや新本部設営で、みなさんキリキリ舞い。
 なのに、作業は今が山場で、休む暇もないのでっす!
 ・・・・・・受付を担当している私のお仕事は、
 みなさんを元気づけ、笑顔にすることでっす。
 そこで、みなさんに栄養たっぷりの薬茶を配って、
 元気でニコニコになってもらおうと思ったのでっすが・・・・・・
 なんと、材料の茶葉・・・・・・
 「ハイランド茶葉」が売り切れていたのでっす!
 「ハイランド茶葉」は、
 クルザス地方に生えてるって聞いたことがありまっす。
 この茶葉を探してきてくれまっせんか?
 クルザス地方に住んでる方なら、
 詳しい人もいると思いまっす。
 どうか、よろしくお願いしまっす!」
キャンプ・ドラゴンヘッドのメドグイスティルと話す
メドグイスティル
「あら・・・・・・おかえりなさい、冒険者さん。
 ふふ、あなたのことはちゃ~んと覚えてるわよ。
 だって、オルシュファン様を助けてくださった方だもの。
 ・・・・・・「ハイランド茶葉」が欲しいの?
 ううん、ちょうど切らしてしまっているのよ。
 ごめんなさいね。
 そうねぇ・・・・・・
 あの茶葉で淹れた紅茶は、お酒で割ることもあるわ。
 酒商人の「エマニュエル」に相談してはどうかしら?」
エマニュエルと話す
エマニュエル
「「ハイランド茶葉」ですか。
 なんとも間の悪い・・・・・・いや、申し訳ありません。
 あいにく、在庫を切らしておりまして。
 「ハイランド茶葉」の採取地は、
 ここから南西の川辺にあるんですがね。
 最近、そこに魔物が出没するようになったんです。
 茶葉を採取していると、その魔物に襲われるってんで、
 園芸師が敬遠してしまいまして。
 こうなりますと、まあ、うちの在庫もつきますわな。
 オルシュファン様たちを助けてくださった方の頼みだ、
 聞いてあげたいのは山々ですが、相手が魔物では・・・・・・。
 どうか、堪忍してくださいよ。」
エマニュエル
「「ハイランド茶葉」の採取地は、
 ここから南西の川辺にあるんです。
 魔物が出るので気を付けてください。」
砂の家のタタルにハイランド茶葉を渡す
タタル
「栄養たっぷりの薬茶を配れば、
 みなさん、きっと元気でニコニコになりまっす。
 Niuniuさんだけが、頼りなのでっす!」
(ハイランド茶葉を渡す)
タタル
「これでっす!
 Niuniuさん、ありがとうございまっす!
 さっそく、特製薬茶を作ってみるでっす!
 私の手作りでっす! 気合入れて作るでっす!
 フンフ フンフ フーン。
 ひーとくち のーめば げーんきに なーるのー。
 ぜーんぶ まーぜて すーりつぶすー。
 あーろえ はーちみつ がーらごみーんとー。
 げーんきの みーなもと かーくしあじー。
 とーどのおめめー ぷりーんのちーにくー。
 おーがのはーらわたーを ぶーちこむのー。
 フッフ フンフ フーン。
 ・・・・・・おおぅ!
 薬茶に夢中で、大事なことを忘れていたのでっす!
 Niuniuさんが留守の間に、
 なにやら緊急事態みたいでっす!!」
  ハイランド茶葉:アバラシア山脈の高地に自生する茶葉