プリンセスデーの海都


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プリンセスデーの海都

  • 依頼主 :執事王(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X11-Y13)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :プリンセスデーの催しを運営する執事王は、冒険者に耳寄りな話があるようだ。

執事王
「フォーッフォフォ!
 女の子のお祭り「プリンセスデー」を
 堪能されていますかな!?
 プリンセスデーとは、
 すべての淑女が「姫」としてもてはやされ、
 すべての紳士が「執事」として姫の願いを叶えるお祭り。
 ・・・・・・おっと、申し遅れました。
 私は、プリンセスデーの催しを運営する「執事王」。
 姫のために街を飾り付け、お祭りを盛り上げている者です。
 我々執事王が、お祭り期間中に実施する数々の催しのうち、
 今季いちばんの目玉企画は、
 何といっても「エドヴィア姫人形コンテスト」!
 エドヴィア姫というのは、遡ること300年前・・・・・・
 ソーン朝時代のウルダハのお姫様。
 この姫の失踪事件が、お祭りの由来といわれているのです。
 コンテストでは、そのエドヴィア姫を模した魔法人形を作り、
 どの「姫人形」が最も姫らしいか、
 3都市の淑女による投票で人気の頂点を決定します。
 優勝者には、最高の栄誉と豪華賞品が授与されます。
 お祭りを楽しむなら、あなたも自慢の姫人形を作り上げ、
 コンテストにエントリーしてください!
 ・・・・・・おやおや?
 かわいらしいお人形なんて作れないですって!?
 いえいえ、心配ご無用・・・・・・!
 今回、そんな不器用な紳士淑女の皆さまのために、
 エドヴィア姫の魔法人形が発売されたのです!
 この魔法人形を、あなた好みに素敵に改造すれば、
 どんな不器用さんであろうと、
 コンテストの優勝は夢じゃありません!
 さあ、今すぐウルダハの「彫金師ギルド」へ走り、
 「セレンディピティー」から魔法人形を手に入れるのです!
 フォーッフォフォ!」
執事王
「フォーッフォフォ!
 女の子のお祭り「プリンセスデー」を
 堪能されていますかな!?
 今回も、多数の美しい淑女から選ばれた
 「街角の姫君]が、各都市の街頭に立ち
 お祭に彩りをそえてくれていますよ。
 あなたも、姫君との謁見を果たし、
 この時期でしか手に入らない、
 逸品、珍品の数々を手に入れてください。」
彫金師ギルドのセレンディピティーと話す
(彫金師クラスクエスト開始済みの場合)
セレンディピティー
「あら、Nikuqさん!
 彫金の腕前をますます上げているようですね。
 さてさて本日は、どのような御用件でしょうか?」
(彫金師クラスクエスト開始前の場合)
セレンディピティー
「ようこそ、彫金師ギルドへ!
 私はギルドマスターの「セレンディピティー」と申します。
 気軽に「セレン」って呼んでくださいね!
 あなたのお名前は・・・・・・
 Nikuqさんでしたね!
 さてさて本日は、どのような御用件でしょうか?」
セレンディピティー
「・・・・・・まあ、エドヴィア姫の魔法人形をご要望ですか!?
 それは困りました・・・・・・。
 現在、「エドヴィア姫人形」には注文が殺到していまして、
 今からのご注文では、コンテスト開催中に、
 人形をお渡しできそうにありません・・・・・・ゴメンナサイ!
 ・・・・・・でも、それじゃNikuqさんが、
 お祭りを楽しめませんよね・・・・・・。
 はるばる彫金師ギルドまで足を運んでくださった
 Nikuqさんに、
 寂しい思いをしてほしくありません!
 ・・・・・・どうしても、エドヴィア姫人形を
 手に入れたいということでしたら・・・・・・
 実は・・・・・・ひとつだけ奥の手があるんです。
 興味がおありなら、もう一度、私に声をかけてください。
 Nikuqさんだけに、
 セレンが特別に教えちゃいま~す!」