甲冑師、苦渋の決断

甲冑師、苦渋の決断

  • 依頼主 :ハ・ナンザ(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X10-Y15)
  • 受注条件:甲冑師レベル45~
  • 概要  :甲冑師ギルドのハ・ナンザは、冒険者に伝えたいことがあるようだ。

ハ・ナンザ
「ブランシュティルから、また勝負の申し入れがあった。
 あの野郎、負けてもへこたれちゃいないみたいだね。
 次は勝つと息巻いてるみたいだし、気を引き締めるんだよ?
 手負いの獣ってのは、なかなか手強いもんだからね。
 それで、次の勝負の品だけど、
 あの男、複数の品物を期日以内に作る勝負をしたいだとさ。
 作る品物は「ミスリルアーマードカリガHQ」、
 「ミスリルエルモDXHQ」、「ミスリルソルレットHQ」を1個ずつだ。
 どれもがミスリル・・・・・・霊銀鉱をふんだんに使った装備品さ。
 あえて同系の課題を提示するとは、まったく大した自信だよ。
 いいかいNikuq。
 全速全力でブランシュティルの自信を叩き潰しな!
 2連勝して、あの男に今日こそ引導を渡してやるんだよ!
 完成したら私のところに持ってくるんだ。
 念には念を入れて、出来栄えを確かめさせてもらうよ。」
ハ・ナンザに依頼品を納品
ハ・ナンザ
「「ミスリルアーマードカリガHQ」と「ミスリルエルモDXHQ」、
 そして「ミスリルソルレットHQ」を1個ずつ揃えてきな!」
(ミスリルアーマードカリガHQとミスリルエルモDXHQ、ミスリルソルレットHQを渡す)
ハ・ナンザ
「・・・・・・さすがだよ、Nikuq。
 前回の勝負同様、非の打ちどころがない。
 だけど・・・・・・この装備品は・・・・・・!
 いったんギルドへ譲ってもらいたい。
 ギルドの信用問題にかかわる痛恨の失敗があってね。
 あんたの作った物がギルドに必要なんだ・・・・・・!
 前にあんたが尻拭いした、
 スィシンって甲冑師を覚えてるかい?
 実は、そいつが・・・・・・またやっちまったんだ。
 スィシンもあんたを見習い、
 腕を上げてたんだが・・・・・・今回に限ってしくじってね。
 黒渦団の依頼が、期日に間に合わなかったんだ。
 スィシンに責任を取らせ、切って捨てるのは、たやすい。
 だけど、ギルド員の失敗を助けられない組織は、
 私の目指す甲冑師ギルドじゃないんだ・・・・・・。
 ブランシュティルも、道理がわかる男だ。
 事情を話せば、期日を延ばしてくれるかもしれない。
 だから、あんたの装備品をギルドに譲ってほしい!!」
(譲ってあげますか?)
(いいえ)
ハ・ナンザ
「・・・・・・すまない、本当にすまない!
 作り直しで、手間をかけるが・・・・・・どうか、頼む!
 あんたの装備品でないと、先方は納得しないんだ。」
(はい)
ハ・ナンザ
「・・・・・・よく言ってくれた、恩に着るよ。
 ほら、スィシン、あんたからもお礼を言いな。」
スィシン
「Nikuq!
 本当に、ありがとうございます!
 ブランシュティルとの大事な勝負だったというのに。
 あなたとギルドマスターの厚意、絶対に無駄にしません!!
 あなたのような素晴らしい甲冑師を目指して
 さらに精進します!!」
ハ・ナンザ
「あんたの品なら、黒渦団は必ず満足するはず。
 ありがとう、あんたはギルドの救世主だ!
 そして、ギルド発展の牽引力だね!
 さあ、急いでブランシュティルに事情を説明にいってくれ。」
ブランシュティルに報告
ブランシュティル
「何・・・・・・我との勝負の品をギルドに譲っただと・・・・・・!?
 ほら見たことか、やはりお前は、ギルドの連中に
 足を引っ張られている。
 今回の勝負は、期日の厳守も条件に入れていた。
 だが、貴様は事情がどうあれ、期日を満たせぬ・・・・・・。
 ゆえに、我の勝利だ!
 だが、納得いかん、不愉快だ。
 次回の勝負は、必ず貴様の全力を見せよ!
 それを我が、叩き潰してくれる!」