甲冑師三番勝負

甲冑師三番勝負

  • 依頼主 :ハ・ナンザ(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X10-Y15)
  • 受注条件:甲冑師レベル40~
  • 概要  :甲冑師ギルドのハ・ナンザは、冒険者に手紙を渡したいようだ。

ハ・ナンザ
「ブランシュティルからね、決闘状なるものが届いたよ。
 以前あいつと勝負したろ、その雪辱戦のつもりらしい。
 他人のことを、競争相手としか思っていない子供なのさ。
 どっちがすごい、どっちが上、そんなことばっかり考えてる。
 だからこそ、あいつは甲冑師の技術では、私に劣らないのに、
 人をまとめるギルドマスターになれなかった・・・・・・!
 ・・・・・・そうさ、私もかつて、ブランシュティルと勝負した。
 甲冑師のギルドマスターの座を巡ってね。
 そして私は勝って、あいつは負けたんだ。
 そのときのことも、あいつは重ねてるんだろうね。
 私の残した「負債」に、あんたを巻き込んじまった格好さ。
 あんたにゃ、すまないとは思ってる。
 だが、あたしにも面子ってものがあってね。
 これが雪辱戦なら、悪いけど勝負からは降ろせない。
 ブランシュティルのところに行ってくれ。
 いつものところで、あんたを待ち構えてるはずだ。」
ブランシュティルと話す
ブランシュティル
「ハ・ナンザめの世迷い言、我は断じて認めるわけにはいかぬ。
 あの女のやり方では、世に「甲冑師もどき」が増えるだけよ。
 放っておかば、甲冑師そのものへの信頼が揺らぐ。
 先人たちが作り上げてきた、甲冑師の誇りと伝統が潰える!
 だが過日、貴様に一敗地にまみれた我の言葉からは、
 もはや説得力が失せてしまった・・・・・・。
 ゆえに! ハ・ナンザが目をかける貴様を倒し、
 ブランシュティルここにありと、世に示さねばならぬのだ!
 勝負はハ・ナンザと争った時と同様、三本勝負だ。
 最初の勝負の題目は・・・・・・「ミスリルキュイラスHQ」ッ!!
 まさしく甲冑師の真骨頂、霊銀鉱を用いた甲冑の製作だ!
 判定は、あえてハ・ナンザめに預けるとしよう。
 我が甲冑は、完成次第、ハ・ナンザへ届けておく。
 貴様も、「ミスリルキュイラスHQ」1着が完成させたならば、
 ハ・ナンザめに出来栄えを見せた後、我の下へ届けよ。」
ハ・ナンザにミスリルキュイラスHQを見せる
ハ・ナンザ
「ブランシュティルはもう、課題の品を持ってきたよ。
 あんたも「ミスリルキュイラスHQ」を1着、用意するんだ。」
(ミスリルキュイラスHQを渡す)
ハ・ナンザ
「これは・・・・・・なかなかの・・・・・・なかなかだね。
 ブランシュティルに触発されて、シゴトに気合いが入ったか?
 奴から受け取った物と比べても、明らかに勝っているとも。
 言っておくが、これはお世辞じゃないよ。
 あいつのことは大嫌いだけど、実力は認めているつもりさ。
 だけど、あんたの作った「ミスリルキュイラスHQ」は、
 奴の最高の甲冑を見たあとでなお、輝きを感じるんだ。
 使われている霊銀鉱は、決して扱いやすい素材じゃない。
 だが、この甲冑の表面のつややかなこと!
 品質に一分の乱れもないのが、一目でわかる!
 あたしは甲冑なんて、何百何千と見てきた。
 だが、その中で最高のもののひとつだと、断言できるよ。
 勝敗は明らかだね・・・・・・あんたの勝ちだ。
 さあ、この「ミスリルキュイラスHQ」を
 ブランシュティルに叩きつけてやんな!」
ブランシュティルにミスリルキュイラスHQを納品
ブランシュティル
「「ミスリルキュイラスHQ」1着・・・・・・
 ハ・ナンザめに認められたようだな。我にも見せてみよ。」
(ミスリルキュイラスHQを渡す)
ブランシュティル
「見事だ、以前見た貴様の甲冑よりも、品質が向上している。
 ・・・・・・今回は、潔く負けを認めるしかないな。
 だが、次回は必ず勝利してみせよう・・・・・・覚悟しておけ!」