道分つ甲冑師


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

道分つ甲冑師

  • 依頼主 :ハ・ナンザ(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X10-Y15)
  • 受注条件:甲冑師レベル30~
  • 概要  :甲冑師ギルドのハ・ナンザは、冒険者に製作を依頼したい仕事があるようだ。

ハ・ナンザ
「何か、あんたのことが最近ギルドで噂になってるね。
 皆を動揺させている、と言ってもいい。
 実は、あんたがブランシュティルに
 つくんじゃないか、っていう噂があってね・・・・・・。
 もちろん、私はそんな心配してないんだけどさ。
 あんたはこうして、私の話を聞いてくれてるんだし。
 ただ、あんたのことを良く知らない奴は不安なんだよ。
 ギルドとしても、そこのところが問題さ。
 ここで私寄りの態度をわかりやすく示してくれると、
 連中も安心するんだがね。
 たとえば・・・・・・私の名代として、仕事を受けてみるとか。
 そうやって信頼を形にしてみせるのがいいと思うんだ。
 ちょうど「スチールチェーンメイルHQ」の製作を頼まれてる。
 こいつを1着、作ってみちゃくれないかな?
 やるなら、悪いけど急ぎで頼むよ。
 コスタ・デル・ソルの大富豪が依頼主でね。
 上得意だし、あまり機嫌を損ねたくない。
 詳しい話は、注文に来た使用人の
 「ノルティルウィブ」に聞いてくれ。
 今なら、「漁師ギルド」で商談でもしてるはずさ。」
漁師ギルドのノルティルウィブと話す
ノルティルウィブ
「ギルドで依頼を受けた職人ですって?
 それはわざわざ、どうもどうも。
 だとすると、少し困ったことになりますね。
 どうしたものでしょう・・・・・・。
 実は、今回の依頼に対し、
 名乗りを上げてくださった職人が、他におられまして。
 ブランシュティル様とおっしゃるのですが・・・・・・
 てっきり、あの方が担当になっていたのかと。
 こちらとしては・・・・・・当家に対して義侠心を見せてくだすった、
 あの方の顔を潰す形になるのは避けたいですね・・・・・・。
 ですが、あなたも手ぶらで帰るわけには
 いかないこともわかります。
 当家としては、どちらが担当されようとも、
 既定の謝礼をお支払いするつもりでいます。
 よろしければ、「ブランシュティル」様と話し合って
 どちらが依頼を受けるか決めてくださいませんか?」
甲冑師ギルドのブランシュティルと話す
ブランシュティル
「・・・・・・何故、貴様はここに来た? ここにいる?
 我を手伝いに来た、という風体ではないが。
 そうか、あの家令が問題を投げてよこしたな?
 期せずして二重依頼になったことを
 こちらで解決せよと、厚顔にも言ってのけたか。
 言っておくが、仕事を譲る気はない。
 そして貴様が退くことも望まぬ。
 ちょうどいい機会だ。
 貴様と我、どちらの腕が上なのか・・・・・・
 ここらで白黒つけておこうではないか。
 この「スチールチェーンメイルHQ」作りで勝負だ!
 無論、より優れた物を作り上げたほうこそが勝者よ!
 ・・・・・・客が求めるのは最高の物のはず。
 つまり品質の劣った品物になど顧みる価値はない。
 職人の使命とは、誰にも負けぬ物を作ること!
 評定は、互いの作りし品物を見比べようぞ。
 まさか己の評価に色を付けはしまい?
 我とて同じよ、作りし品に誇りがある。
 いざ・・・・・・勝負だ!」
ブランシュティルにスチールチェーンメイルHQを納品
ブランシュティル
「どうした? 逃げるのか?
 違うというのなら・・・・・・それを証明せよ。
 「スチールチェーンメイルHQ」を1着だ!」
(スチールチェーンメイルHQを渡す)
ブランシュティル
「逃げずに来たか。
 ならば、カウンターでじっくり精査してやろう。
 くっ・・・・・・! こ、この高品質は!
 まさか、これほどの物を作りだす腕があったとは!
 予想外、まさしく予想外であった・・・・・・!
 この光沢、重量感、そして強度!
 何人の刃も通さぬかのようだ・・・・・・!
 ハ・ナンザ・・・・・・なんという幸運に恵まれたのだ。
 これほどの逸材、いや化け物を手中に収めるとは!
 ・・・・・・くっ、潔く我の負けを認めようぞ。
 もはや貴様を抱き込もうとも思わぬ。
 客のほうには、我が辞退することを告げておこう。
 「スチールチェーンメイルHQ」も我から先方に渡しておく。
 それもまた敗者のつとめ。
 勝者を称えるためのさらし者にならねばならぬ。
 ・・・・・・いずれ、また会おう。
 貴様を・・・・・・我の敵として認識する!」