優れた甲冑師の義務

優れた甲冑師の義務

  • 依頼主 :ハ・ナンザ(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X10-Y15)
  • 受注条件:甲冑師レベル25~
  • 概要  :甲冑師ギルドのハ・ナンザは、冒険者に伝えたい話があるようだ。

ハ・ナンザ
「ブランシュティルとは話せたんだろ?
 あいつ、何を言ってきたんだい?
 「誇りと実力ある甲冑師の選別こそがギルドの使命」だって?
 ふん、変わらないね。
 ブランシュティルのやり方じゃ駄目だってことを、
 わかってないし、わかろうとしないんだ。
 技術を共有し、伝承していかないと、技術はすたれてしまう。
 それだけは、絶対に避けなければ。
 だから、ギルドで学ぶのは、誰もが習得できる技術、
 それが、私の目指すギルドの方針なのさ。
 あんたには、その旗手になってほしいと思ってる。
 とはいえ、それを押しつけるわけにはいかない。
 ブランシュティルも、あんたを取り込みたいようだしね。
 あいつから、あんたへ依頼が来たのが、その証拠さ。
 「スチールインゴットHQ」1個・・・・・・
 それも最高の品質で作ってよこせとさ。
 おまえなら、高品質の素材を使えば可能だろう。
 さあ、依頼の品を完成させて、
 「ブランシュティル」に叩きつけてやりな。」
ブランシュティルにスチールインゴットHQを納品
ブランシュティル
「我の所に顔を出したということは
 「スチールインゴットHQ」1個の用意があるということか。」
(スチールインゴットHQを渡す)
ブランシュティル
「いいだろう・・・・・・では見せてもらおうではないか。
 さあ、中に行こう。
 フッ・・・・・・流石と言うべきであろうな。
 強度、精度ともに文句はない。
 「スチールインゴット」は
 甲冑師としては日常的に扱う素材だ。
 だが、こういう基礎的な素材や部品の品質が、
 完成品の品質を左右する。
 ゆえに細部の質を上げられぬ者は、どうあがこうと二流どまり。
 しかし、お前は違う。
 まるで見る度に腕を上げる。
 技術向上とは、こうあるべきだ!
 それなのに! 貴様ほどの優秀な職人が
 ギルドの未熟者たちの尻拭いにかり出され
 自己研鑽の時間も満足に取れぬ現状・・・・・・
 それが、歯がゆくてならぬ・・・・・・。
 甲冑師ギルドとは、すべての客の需要に応えねばならぬ。
 ゆえに、未熟者はギルドより排除すべきなのだ!
 ・・・・・・我は貴様の技量を高く買っている。
 貴様は今後の甲冑師を背負って立つ存在だ。
 ゆえに問う・・・・・・貴様は本当にこのままでよいのか?
 あの女と、ギルドという名の凡俗どもに利用され、
 才能の輝きを曇らせてしまっていいのか!?
 この答えは、今後の貴様の行動で示せ。」