甲冑師の基礎の基礎

甲冑師の基礎の基礎

  • 依頼主 :ハ・ナンザ(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X10-Y15)
  • 受注条件:甲冑師レベル10~
  • 概要  :甲冑師ギルドのハ・ナンザは、新人甲冑師の作業の手伝いを頼みたいようだ。

ハ・ナンザ
「やあ、あんたか、あれから息災かい?
 だったら少しばっかり力を貸してほしいんだが。
 回した仕事に手こずってる奴がいてね。
 誰かの助けが必要みたいなんだよ。
 それをあんたに頼みたい。
 新入りのグラネーって職人がいるんだけど、
 これがまた不器用な奴でさ。
 マメに面倒見てやらないと、どうにもならない。
 本当なら基礎中の基礎くらい、
 助けなしに作れるよう、早くなってほしいんだが。
 全員があんたくらい仕事をこなせると、
 ギルドとしては、ずいぶん楽なんだけどねぇ。
 もっとも多少の才能差はあれど、みんな最初は素人だ。
 よちよち歩きのうちに見放したら、
 いつまで経っても職人の数なんて増えやしない。
 そういうわけで、ちょっと助けてやってくれないか?
 「ブロンズプレート」を12個ほど作って、
 グラネーが担当してる分を補ってやってほしい。
 作ったら、直接彼女に渡してやってくれ。
 先輩として助ける、これが今回の課題さ。
 よろしく頼むよ。」
グラネーにブロンズプレートを納品
グラネー
「こ、今回は自分の力不足のため、
 ご迷惑をおかけして申し訳ないっす!
 「ブロンズプレート」を12個、よろしくお願いしまっす!」
(ブロンズプレートを渡す)
グラネー
「これがセンパイの「ブロンズプレート」・・・・・・。
 じっくり見せてもらうっす!
 じっくり見ると、センパイの仕事の丁寧さが、
 この目でハッキリとわかるっす・・・・・・。
 素材の「ブロンズインゴット」の扱い方からして、
 センパイの仕事は自分とは段違いっす。
 「ブロンズプレート」なんて基礎の基礎。
 早く、これを素材にした鎧や盾を作ってみたい、
 なんて甘いこと考えてましたっす!
 基本をナメてかかったからこそ、
 自分は仕事をきちんと果たせなかったっす・・・・・・。
 いい「ブロンズプレート」がなきゃ
 頑丈な鎧や盾なんて作れるはずないっす!
 もはや、反省しかないっす。
 これからはセンパイを目標にして、
 真摯で丁寧な作業を心がけるっす。
 そして、いつかセンパイに追いついてみせるっすよ!
 だから、センパイもサボったりしないで、
 いつまでも自分の目標でいてほしいっす!
 そうだ、センパイ知ってるっすか?
 ギルドリーヴの製作稼業を受ければ、
 ちょうどいい修行になるっすよ!
 冒険者ギルドのチャ・モクリさんから、受けられるっす。
 センパイもギルドリーヴで、もっと腕を磨いてくださいっす!
 自分、その背中を見て頑張るっす!」