ヴァレンティオンデーと辛い贈り物

ヴァレンティオンデーと辛い贈り物

  • 依頼主 :リゼット・ド・ヴァレンティオン(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X11-Y14)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :リムサ・ロミンサのリゼットは、冒険者に「愛の伝道師の助手」としての仕事を頼みたいようだ。

リゼット・ド・ヴァレンティオン
「「愛の伝道師の助手」のお仕事、いかがですかぁ~?
 ・・・・・・「愛」がどこにあるか、分からないの?
 んもぅ、愛は自分で探すものだよ~?
 しかたないなぁ~。
 じゃあ特別に、リゼットの「愛の検索」で探しちゃおう☆
 ・・・・・・むむむ~! 愛、でましたっ☆
 ウルダハの裁縫師ギルドにいるオトメ「イエロー・ムーン」が、
 なんだか「愛」のことで悩んでるみたいだよ!
 「愛の伝道師の助手」のお仕事、よろしくで~す☆」
裁縫師ギルドのイエロー・ムーンと話す
イエロー・ムーン
「ねぇねぇアナタ、今がどんな時期か知ってる?
 ・・・・・・そう! そのとーり!
 愛されオトメの必須イベント「ヴァレンティオンデー」!
 私も、だ~い好きなダーリンに、
 とっておきの手作りスイーツをプレゼントするんだ~!
 名づけて「ダーリンスキスキ・ラブラブ大作戦」~!
 ついでに~いつもお世話になっている
 オトモダチのみんなにも、愛のおすそわけをしようと、
 たっくさんチョコを作り中なんだけどぉ・・・・・・。
 手作りチョコの材料が、全然足りないんだよぅ!
 イエロー・ムーン、困っちゃむ~ん!
 だから、オトモダチに材料探しを頼んでおいたの。
 悪いんだけどぉ、受け取ってきてくれないかなぁ?
 もちろんチョコの材料ってことは秘密だよ、よろしくねっ!」
イエロー・ムーンの信奉者からチョコの材料を入手
イエロー・ムーンの信奉者
「うぉう!
 ・・・・・・イ、イエロー・ムーンちゃんの使いだって?
 頼まれていた「ジズの胆汁」なら用意できてるよ。
 苦労してジズを倒して手に入れたんだ。
 俺の努力を、ちゃんと伝えてくれよなッ!」
イエロー・ムーンの信奉者
「イエロー・ムーンちゃん・・・・・・カワイイよなぁ・・・・・・。
 あの女の子らしさが最高なんだよなぁ。
 俺っち、年甲斐もなくトキメいちゃうぜ!」
イエロー・ムーンの信奉者
「おおおっ、イエロー・ムーンちゃんのお使いだってぇ!?
 じゃ、じゃあ頼まれていた「オロボンの肝」をやるよ!
 こんな物、何に使うつもりなのか知らないけど、
 イエロー・ムーンちゃんに頼ってもらえるなんて、
 最高に嬉しいよぉ~。」
イエロー・ムーンの信奉者
「はああ・・・・・・愛しのイエロー・ムーンちゃん・・・・・・
 ヴァレンティオンデーのチョコをもらえたりしないかな~。
 考えるだけで・・・・・・は、鼻血が・・・・・・。」
イエロー・ムーンにチョコの材料を渡す
(イエロー・ムーンの信奉者
「ぐおお・・・腹が・・・いてェェ・・・」)
イエロー・ムーン
「どうかな?
 チョコの材料、いろいろ集まった?」
(ジズの胆汁とオロボンの肝を渡す)
イエロー・ムーン
「ありがと~! イエロー・ムーン、感激だむ~ん!
 うふふ、もう何人かのオトモダチにはチョコを配ったけど、
 みんな美味しそうにパクパク食べてくれたよ!
 ・・・・・・でも、オトモダチ全員に配るには、
 まだまだ量が足りないかな?
 もう一回、材料調達おねがいしまっす!」
イエロー・ムーンの信奉者から再度チョコの材料を入手
イエロー・ムーンの信奉者
「イ、イエロー・ムーンちゃんのおつかいだとっ!?
 だったら、これもってけよ!
 頼まれていた「モルボルの胃液」だ!
 腕利きの冒険者を雇って取り寄せたんだ。
 大枚はたいたけど、イエロー・ムーンちゃんのためだ!
 何に使うのか知らないけど、喜んでくれるかなぁ?」
イエロー・ムーンの信奉者
「頼まれていた「モルボルの胃液」・・・・・・
 何に使うのか知らないけど、喜んでくれるかなぁ?」
イエロー・ムーンの信奉者
「・・・・・・ああ、イエロー・ムーンちゃんから頼まれていた、
 「ゾンビーの腐肉」の件だな。
 錬金術の実験でもするのかな・・・・・・ともかく、持ってけよ。
 あっ、お礼のチョコなんて期待してないぜ?
 「ヴァレンティオンデー」の季節だけど期待してないぜ?
 ・・・・・・本当なんだぜ?」
イエロー・ムーンに再度チョコの材料を渡す
イエロー・ムーンの信奉者
 返事がない・・・・・・。
 それどころじゃないようだ。
(イエロー・ムーンの信奉者
「ウボァァァァァァ・・・」)
イエロー・ムーン
「チョコの材料が足りないよぅ!
 オトモダチが多すぎて、イエロー・ムーン困っちゃむ~ん!」
(モルボルの胃液とゾンビーの腐肉を渡す)
イエロー・ムーン
「材料ありがとー! チョコ作りも順調で~す!
 ・・・・・・でも、あともうちょっとだけ欲しいかな?
 ゴメンナサイだけど、もう一度、お願い!
 私の愛で、みんなをメロメロ・ノックダウン!
 うふふっ! イエロー・ムーン、がんばっちゃむ~ん!」
イエロー・ムーンの信奉者から三度チョコの材料を入手
イエロー・ムーンの信奉者
「何で、直接取りに来てくれないんだよッ!
 チクショウ、冒険者に手渡すことになるなんて・・・・・・
 ホラ「プリンの刺身」だっ、早く受け取れッ!
 俺はイエロー・ムーンちゃんの信奉者ッ!
 テメエ、ちょっとでも彼女に色目をつかったら、
 ボコボコにして、サゴリー砂漠に埋めるから覚悟しろよッ!」
イエロー・ムーンの信奉者
「イエロー・ムーンちゃんの使いだと!?
 シッ・・・・・・大きな声を出すんじゃねぇ!
 頼まれていた「御禁制の夢想花」は用意してある・・・・・・。
 はぁはぁ、イエロー・ムーンちゃんのために、
 ヤバい橋を渡って手に入れたんだ・・・・・・。
 だから、だから・・・・・・俺のオンナになってくれええっ!」
イエロー・ムーンの信奉者
「はぁはぁ、イエロー・ムーンちゃん・・・・・・。
 あの逞しい筋肉・・・・・・健康的な小麦色の肌・・・・・・たまらんっ!
 俺のオンナになってくれええっ!」
イエロー・ムーンに三度チョコの材料を渡す
銅刃団の衛兵
「こちら裁縫師ギルド前っ!
 ・・・・・・原因不明の大量食中毒事件発生っ!
 大至急、応援頼む!!」
銅刃団の衛兵
「だ、大惨事じゃないかっ・・・・・・!
 まさか・・・・・・帝国の破壊工作なのでは・・・・・・!?」
(イエロー・ムーンの信奉者
「甘い夢を・・・見てたんだ・・・
 終わらない・・・夢さ・・・」
「・・・イエロー・ムーンちゃああん・・・」
「イエロー・ムーン・・・イイ女だ・・・」
「ナルザル神よ・・・お助けください・・・」
「・・・なんだか・・・とっても眠い・・・」
「あぐっ・・・鎮まれ・・・俺の胃袋・・・!」
「うぐっ・・・ううううっ・・・」)
イエロー・ムーン
「んん? なんか外が騒がしいなぁ。
 ・・・・・・ま、いっか!
 チョコの材料は集まったかなぁ?」
(プリンの刺身と御禁制の夢想花を渡す)
イエロー・ムーン
「ありがとー! これで全員に、チョコが行き渡るかな?
 わ~、なんか大変だったけど、
 オトメのオシゴト、コンプリートってかんじ!
 甘くてとろける、美味しいチョコ、
 ご褒美にアナタにもアゲルね!
 ・・・・・・あ、でも義理だよっ!
 本命はもっちろんダーリンだけっ。
 ダーリンには特別に、イエロー・ムーン本人を
 プ・レ・ゼ・ン・トっ!
 な~んちゃってっ! いや~ん!!
 恥ずかし~い!
 イエロー・ムーン、レッド・ムーンになっちゃむ~ん!!」
  ジズの胆汁:ジズから採取した胆汁。混ぜるな危険
  オロボンの肝:オロボンから採取した肝。食べるな危険
  モルボルの胃液:モルボルから採取した胃液。触るな危険
  ゾンビーの腐肉:ゾンビーから採取した腐肉。匂うな危険
  プリンの刺身:プリンから採取した刺身。ぷるぷる危険
  御禁制の夢想花:御禁制の植物。持っていること自体が危険