ヴァレンティオンデーと甘い決闘


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヴァレンティオンデーと甘い決闘

  • 依頼主 :リゼット・ド・ヴァレンティオン(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X11-Y14)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :リムサ・ロミンサのリゼットは、冒険者に「愛の伝道師の助手」としての仕事を頼みたいようだ。

リゼット・ド・ヴァレンティオン
「「愛の伝道師の助手」のお仕事、どうですかっ?
 ・・・・・・「愛」を探すっていっても、
 ちょっと漠然としすぎてるかなぁ?
 しかたないなぁ~。
 じゃあ特別に、リゼットの「愛の検索」で探しちゃおう☆
 ・・・・・・むむむ~! 愛、でましたっ☆
 この広場の東側にいる「オ・カルカヤ」さんに話を聞いてみて!
 彼女は、ちょっと不思議な悩み事を抱えてるみたいだよ!
 「愛の伝道師の助手」のお仕事、よろしくで~す☆」
オ・カルカヤと話す
オ・カルカヤ
「ああんっ・・・・・・なんだい、あんた?
 この先の酒場が、リムサ・ロミンサ三大海賊の一角、
 「紅血聖女団」のシマって知ってて近づいてんのかい?
 ・・・・・・ほう、度胸あるようだね、気に入った。
 あんた、ひとつ頼まれてくれないかい?
 ・・・・・・頭領の様子がおかしいから、力になりたくてね。
 いつもは惚れ惚れするほどシャンとしてんのに、
 最近、なにかソワソワしてんのさ。
 もしかすると、長年にらみあってる宿敵「百鬼夜行」と、
 ついに決着をつけるつもりかもしれない・・・・・・。
 ・・・・・・頭領は、うちらに隠れて、
 夜な夜なレストラン「ビスマルク」へ出かけてんのさ。
 あの店は「百鬼夜行」と取引があるからね。
 情報収集か、はたまた罠の準備か・・・・・・
 料理長の「リングサス」に探りを入れてみてくれよ。」
リングサスと話す
リングサス
「ローズウェンが、最近ここに来てるだろうって?
 ・・・・・・確かに来てるが、事情は教えられねえな!
 顧客の秘密を守るのも高級料理店のもてなしだ。
 まあ、強いて言うなら・・・・・・
 ある炎を燃えあがらせる起爆剤作りってとこだ。
 ・・・・・・おっと、これ以上は明かすわけにはいかねえぞ。」
オ・カルカヤと話す
オ・カルカヤ
「・・・・・・なに、炎を燃えあがらせる起爆剤だって・・・・・・!?
 なるほど、頭領は火薬を集めてるってわけかい。
 でも・・・・・・なんでレストランで火薬を・・・・・・?
 ・・・・・・むっ!?
 今のは百鬼夜行の手の者!
 まずい、今の話を聞かれちまった!
 あの「百鬼夜行の甲板員」をとっ捕まえて、口を封じてくれ!」
百鬼夜行の甲板員と話す
百鬼夜行の甲板員
「はっ、ゲス海賊の手下め、遅かったな。
 俺が聞いたことは、すでに首領に報告済みだぜ。
 ・・・・・・だが、うちの偉大な首領カルヴァラン様は、
 「紅血聖女団」の動きなど、すでに察知されてたぜ!
 その上、俺の後を追って、
 お前がここへ来ることも想定済みさ。
 カルヴァラン様は、お前に話があるそうだ。
 ありがたく、お声をかけてみるがいい!」
カルヴァランと話す
カルヴァラン
「ようこそ、お待ちしておりました。
 貴方が紅血聖女団と深い関係にないことは存じています。
 ・・・・・・そんな貴方に、折り入って依頼があるのです。
 実は、紅血聖女団の頭領ローズウェンから、
 私宛に一対一での決闘の果たし状が届きました。
 我々「百鬼夜行」と「紅血聖女団」は、
 昔から衝突を繰りかえしてきましたが・・・・・・
 ローズウェンは、この決闘で決着をつけるつもりでしょう。
 この重要な対決の立会人を、貴方に依頼したいのです。
 場所は「アンカーヤード」・・・・・・時間は目前に迫っています。
 不正を防ぐため、先に現地へ向かってください。」
指定地点で待機
カルヴァラン
「我々が先に到着したようですね・・・・・・。
 呼びだしておきながら、遅刻とは。
 さすがは、礼儀を知らぬ海賊といったところですね。」
ローズウェン
「アンタの目玉は節穴かい!?
 あたしはさっきから、ここにいるよ!
 ・・・・・・ふん、よく来たね。
 尻尾まいて逃げ出さなかっただけでも、ほめてやるよ。」
カルヴァラン
「貴女の果たし状は、我々にとって渡りに船でした。
 時代の潮流に取り残された「紅血聖女団」など、
 早急に潰すべきであると考えておりましたので。」
ローズウェン
「はん、相変わらずムカつく男だね!
 で、あたしの覚悟はできてるけど・・・・・・
 アンタはどうなのさ?」
カルヴァラン
「・・・・・・御心配には及びません。
 いつでも結構ですよ。
 ・・・・・・これは、いったい!?
 ・・・・・・この甘い香り・・・・・・まさかチョコ・・・・・・!?」
ローズウェン
「バ、ババ、バカ野郎!!
 そそそ、そんなはずないだろっ!」
カルヴァラン
「なるほど・・・・・・これはヴァレンティオンデーにちなんだ罠。
 ・・・・・・だが、あまりにも見え透いた稚拙な罠です。
 こんなものに騙されるはずがありません。」
ローズウェン
「・・・・・・ふん、やめだやめだ!
 気が乗らなくなったから、あたしゃ帰るよ!
 ったく、商機を見る目だかなんだかしらねーが、
 目の前の獲物を逃してるようじゃ・・・・・・
 アンタの眼力とやらも、たかが知れてるねっ!」
カルヴァラン
「・・・・・・貴重な時間を切り詰めたというのに、
 いわれのない中傷を受け、気分を害しただけとは・・・・・・
 とんだ茶番だったようですね。
 そのチョコのようなものですが・・・・・・
 立会人である貴方が、責任をもって回収してください。
 幼子が拾い食いでもしたら、危険ですから。
 箱は紅血聖女団の「オ・カルカヤ」にでも
 突き返すといいでしょう。
 ・・・・・・頼みましたよ。」
オ・カルカヤに甘い香りの小箱を渡す
オ・カルカヤ
「おい、いったい頭領に何があったんだい!?
 カルヴァランの野郎と決闘だったんだろ?
 頭領は鬼の形相で戻ってから、虫の居どころが悪いんだ!」
(甘い香りの小箱を渡す)
オ・カルカヤ
「この甘い香りは・・・・・・なるほど。
 頭領が「ビスマルク」に通ってたのは、
 こいつを作るためだったってわけか!
 こりゃ確かに、リングサスの言葉どおり、
 炎を燃えあがらせる起爆剤だね。
 何の炎かって・・・・・・?
 そんなこと聞くんじゃないよ、ヤボな子だね!
 今がヴァレンティオンデーの季節なら、わかんだろ?
 ・・・・・・この件は、あたしとあんたの秘密だ!
 口外したら、あんたの舌をあたしがひっこぬくよ!
 あたしが、頭領の名誉を守ってみせる。
 さあ、頭領の手作りチョコが口止め料だ。
 ・・・・・・さてと、あたしは頭領のやけ酒につきあうとするかね。」
  甘い香りの小箱:ローズウェンが投げた小箱。チョコレートの香りがする