極まりし焔神イフリート

極まりし焔神イフリート

  • 依頼主 :ウリエンジェ(砂の家 X6-Y4)
  • 受注条件:レベル50~
  • 概要  :ウリエンジェは、冒険者に蛮神問題に関する依頼をしたいようだ。

ウリエンジェ
「幸いなことに、蛮神「イフリート」が
 再召喚されたという報告は、まだ受けてはおりません。
 しかし、アマルジャ族が動き出すのも時間の問題・・・・・・。
 真実の解明のためには情報が必要・・・・・・。
 しかし、それも泰平の世があってこそ。
 ここは先手を打ち、対策を練るべきでしょう。
 ウルダハの「不滅隊:作戦本部」にいる「スウィフト大闘佐」に
 蛮神の再召喚を警戒する旨を伝達願います。
 ・・・・・・少しでも蛮神からの被害を減らすために。」
不滅隊:作戦本部のスウィフト大闘佐と話す
スウィフト大闘佐
「「暁」の者か。
 いいところに来てくれた!
 実は、アマルジャ族を警戒するため送り出していた、
 偵察隊からの連絡が途絶していてな・・・・・・。
 急ぎ精鋭を送ったが、その増援部隊も消息を絶ったのだ。
 聞けば、グリダニアやリムサ・ロミンサでは、
 さらに力をつけた蛮神が召喚されたというではないか。
 我々が確認できていなかっただけで、おそらくこちらでも・・・・・・。
 偵察隊からの最後の連絡は、奴らの根拠地、
 「炎帝祭跡」に潜入するという内容だった・・・・・・。
 すでに召喚されていたイフリートに・・・・・・クソッ!
 ・・・・・・恥を承知で貴公の力をお借りしたい。
 「炎帝祭跡」に乗り込み、神降ろしの状況を確認・・・・・・
 もし召喚されていた場合は、これを討伐してほしい。
 我ら不滅隊は、犠牲を厭わず蛮神と戦い続けてきた。
 だが、その犠牲はあまりに多く、テンパード化した者も多い。
 これ以上の損害が出ぬよう、どうか力を・・・・・・。
 蛮神「イフリート」の召喚が行われる「炎帝祭跡」は、
 南ザナラーンの「ザハラク戦陣」奥深くにある、
 「ザハラク・エーテライト」を使えば行けるはず・・・・・・。
 「暁」には、こちらから連絡を入れておく。
 不確実な要素が多く、貴公に頼りきる形で申し訳なく思う。
 ・・・・・・どうか、よろしく頼む。」
「極イフリート討滅戦」を攻略
????
「あそこまで力をつけた焔神を、葬ったというのか・・・・・・。
 実に見事・・・・・・としか言いようがないな、光の使徒よ。」
????
「いい反応だねエ、その意気でせいぜいあがいてヨ。
 今となっては、その方がボクたちにとって好都合だからネ。」
十二剣のアシエン
「貴様が力をつけることの意味を考えるといいだろう。
 それを考えたことはあるか?
 ・・・・・・いずれにしても、あの「三神」では、もはや限界だな。」
十二杖のアシエン
「相変わらず血気盛んだコト。
 前にも言っただろ?
 ボクたちは戦いに来たんじゃないってサ。」
十二杖のアシエン
「・・・・・・さて、あの方々に報告に戻るとするヨ。
 オマエのおかげで、興味深い力を銘記できたからネ。」
アシエンたち
「その力、利用させてもらうとしよう。
 この星が「真の姿」を取り戻すために・・・・・・。
 いつまで闇に抗い続けることができるカナ。
 ・・・・・・フフフ、この先に「覚醒」する神が楽しみだヨ。」
不滅隊:作戦本部のスウィフト大闘佐に焔神の祭器を見せる
スウィフト大闘佐
「おお、蛮神「イフリート」を討ってくれたか!
 さすがは英雄、見事だ・・・・・・さあ、武勇伝を聞かせてくれ。
 蛮神対策を整えるため、どんな情報も把握しておきたい!」
(焔神の祭器を渡す)
スウィフト大闘佐
「・・・・・・これは・・・・・・何という禍々しい祭器だ。
 野蛮なアマルジャ族らしいといえば、らしくはあるが・・・・・・。
 ・・・・・・なるほど、貴公の報告から察するに、
 蛮神「イフリート」の急激な凶暴化と、
 この祭器には、何らかの繋がりがあると予想される。
 「砂の家」にいるウリエンジェ殿に、
 この「焔神の祭器」を届け、
 対策の糸口を探るよう依頼してもらいたい。」
砂の家のウリエンジェに焔神の祭器を渡す
ウリエンジェ
「不滅隊より報告を受けております。
 蛮神「イフリート」の討伐、ご苦労さまでした。
 ・・・・・・おや、またしても奇妙な品を入手したのですか?」
(焔神の祭器を渡す)
ウリエンジェ
「・・・・・・やはり、ほかの祭器と同様に、
 信徒たるアマルジャ族の骨が用いられています。
 この品も、蛮神の召喚に用いられた祭器なのでしょう・・・・・・。
 ・・・・・・闇の使徒と遭遇したのですか。
 『混沌の地に 神乱れ立たん』とはよく言ったもの・・・・・・
 蛮神の陰には混沌を生む者・・・・・・アシエンが蠢いていた・・・・・・。
 しかし、アシエンが残した言葉から、
 蛮神強化のからくりが読み解けるかもしれません・・・・・・。
 光の戦士たるあなたが「神狩り」を成すたび、
 蛮族たちは、より強き神を渇望する・・・・・・。
 その狂おしいほどの願いは、やがて生贄を生む・・・・・・。
 贄が死ぬ間際に捧げた祈りによって、蛮神は究極の力を宿す。
 そんな贄の骨で作られたのが、あなたが見つけた祭器・・・・・・。
 しかし、この理を解き明かすには、さらなる研究が必要・・・・・・。
 やはり、蛮神問題を根本的に解決するには、
 戦いの輪廻より脱する術を見出すしかない・・・・・・。
 ですが、それには長き時が必要です・・・・・・。
 当面は、蛮神に吸収されたエーテルを地に還元するため、
 蛮神討伐を繰り返すより道はありません・・・・・・。
 力を強める蛮神に対抗できるよう、我々も力をつけねば・・・・・・。
 たとえ、それが闇の使徒の狙いだったとしても・・・・・・。
 そのためにも、あなたは強い武具を揃えるべきかもしれません。
 ・・・・・・秘策があります。
 準備が整いましたら、今一度、私にお声がけください・・・・・・。」
  焔神の祭器:アマルジャ族の骨で作られた不気味な祭器