味覚の要

味覚の要

  • 依頼主 :リングサス(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X10-Y8)
  • 受注条件:調理師レベル1~
  • 概要  :調理師ギルドへの入門を認められた冒険者。受け取ったスキレットを装備して、リングサスに声をかけよう。

リングサス
「ははっ、いいぞ! 似合ってるじゃねぇか!
 そいつを使いこなすのが、お前さんの最初の仕事だ。
 調理師の道は、片手鍋に始まり、片手鍋に終わるからな。
 お前さんにゃ、そいつを骨の髄まで学んでもらうぜ。
 コトコトとスープを煮込むように、じっくりとな。
 じゃあ、さっそく、お前さんの腕前を見せてもらおうか。
 お前さんがどのくらい使えるか、それがわからなきゃ、
 何を教えりゃいいのかも、わからないだろ?
 ってことで、「メープルシロップ」を1杯ぶん作ってこいや。
 「メープル樹液」をスキレットで
 調理すればいいだけさ、簡単だろ?
 必要なものは・・・・・・今言った「メープル樹液」に、
 「ファイアシャード」だ。
 「メープル樹液」は、調理師ギルドのヨッシーが扱ってる。
 あいつに話しかけりゃあ、売ってくれるぜ。
 ようし、じゃあ行ってこい!
 「速さは美味さ」もまた、料理の神髄だ!
 グズグズしてたら、千切りにするぞ!!」
リングサスにメープルシロップを納品
リングサス
「調理ってのは、時間との勝負でもあるんだ。
 さっさと「メープルシロップ」を持ってこい!」
(メープルシロップを渡す)
リングサス
「さて、「メープルシロップ」・・・・・・
 さっそく味見させてもらうとするか。
 ・・・・・・実にいい味だった!
 なかなかやるな、お前さん。
 新人で、ここまでできるなら十分だ。
 「メープルシロップ」は独特の風味がある甘味料でな。
 「クランペット」や「ラノシアトースト」を、
 ほんのり甘く仕上げたいなら、こいつの出番さ。
 もちろん、そのまま使わずに、さらに煮詰めて
 「メープルシュガー」にしてもいい。
 本当に用途の多い優れものさ。
 と、こんな簡単に作れる「メープルシロップ」だけでも、
 知っておくべきこと、覚えるべきことは山ほどあるんだ。
 鍋を振るだけが料理じゃねぇ。
 食材について詳しく知るのも、
 料理のレパートリーを増やすためには必要なんだぜ。
 料理の味ってのは、工夫次第で無限に広がるもんさ。
 だからって、焦るなよ。焦らず努力を重ねていくんだぜ。
 お前さんのことは、ちゃんと見てるからよ・・・・・・
 重ねた努力が頃合いになったら、また俺んところに来な。
 新しい課題を、用意してやっからよ。」