甲冑師の心得

甲冑師の心得

  • 依頼主 :ハ・ナンザ(リムサ・ロミンサ:上甲板層 X10-Y15)
  • 受注条件:甲冑師レベル1~
  • 概要  :甲冑師ギルドへの入門を認められた冒険者。受け取ったハンマーを装備して、ハ・ナンザに声をかけよう。

ハ・ナンザ
「うん、格好だけはいっぱしの甲冑師になったかな?
 だったら、これからは中身もいっぱしにしてかないと!
 見かけ倒しの職人なんて論外だ。
 我がギルドの一員である以上、中途半端は許さない。
 イヤでも一人前になってもらうから、そのつもりで。
 とは言っても、恐れるこたぁ別にないよ。
 私の言うこと聞いて、しっかり学んでいくかぎり、
 あんたの腕前はかならず上達していくさ。
 それじゃあ、さっそく課題でも出そうか。
 努力する時間を惜しんでる場合じゃないからね。
 まずは、そのハンマーを使って
 「ブロンズインゴット」を1個、作ってきな。
 これは、甲冑師なら誰でも通る道ってやつだ。
 甲冑作り・・・・・・板金加工の基本と言えば、
 やっぱり青銅にかぎるのさ。
 その青銅の塊が、「ブロンズインゴット」だ。
 強度がそれほど高い合金じゃないけど、
 その分、腕がなくとも加工がしやすい。
 駆け出しの修行にゃ、もってこいだよ。
 製作に必要な材料は「銅鉱」と「錫鉱」、
 それから「アイスシャード」さ。
 「銅鉱」と「錫鉱」なら、
 ギルド内にいる「スムルウィブ」が売ってるから、
 声をかけてみるといい。
 さあ、さっそく製作に取り掛かってもらおうか。
 あんたの作った「ブロンズインゴット」を楽しみにしてるよ。」
ハ・ナンザにブロンズインゴットを納品
ハ・ナンザ
「いいかい、作るのは「ブロンズインゴット」だ。
 材料が必要なら、ギルドのスムルウィブが売ってくれるよ。」
(ブロンズインゴットを渡す)
ハ・ナンザ
「なるほど・・・・・・!
 これがあんたの「ブロンズインゴット」ってわけだね?
 これがあんたの今の力、今できること・・・・・・か。
 ふふ、悪くないね、実に悪くない。
 初心者でこれだけできりゃあ、上出来ってもんさ。
 青銅ってのは「銅鉱」と「錫鉱」の配分がすべてだ。
 「錫鉱」が多いと、硬くはなるが脆くなって、
 甲冑の材料としては使えなくなる。
 だから最低限の品質を保つため、
 レシピで分量が決まってるわけだが・・・・・・
 それでも、さじ加減をしくじる奴がいるのさ。
 だが、あんたの作ったこれは上出来だ。
 正直、このままでも十分に商品になるくらいだよ。
 この品質を常に製作できることが、
 ウチに所属する甲冑師の目標だよ。
 そこのところ、よおく肝に銘じておきな。
 そのためには、日々の修練は欠かせないよ。
 当面は「ブロンズインゴット」でも作り続けて、
 基礎固めの反復練習をするこったね。
 で、そいつを飽きるほど作ったら、私に声をかけな。
 新しい課題、用意してやるからさ。」