残されし虜囚の解放

残されし虜囚の解放

  • 依頼主 :ヤドヴ・ガー(南ザナラーン X23-Y14)
  • 受注条件:レベル48~
  • 概要  :灰の陣営のヤドヴ・ガーは、冒険者に懸念を解消してほしいようだ。

ヤドヴ・ガー
「冒険者殿のお力添えもあり、
 我ら「灰の一党」の力もずいぶんと増し申した。
 我らが本気となれば、「炎牙衆」など
 鎧袖一触に伏すこと難くないと自負しておりまするが・・・・・・
 されどそれがし、ひとつ懸念があり申す。
 炎牙衆によって連れ去られた者たちは、
 いまだ少なからず、奴らの牢に繋がれていると聞きまする。
 これを助け出さねば、後顧の憂いとなるは必定。
 冒険者殿・・・・・・敵地にある、
 「堅固な鉄檻」と「頑丈な鉄檻」より、
 虜囚を解放してはもらえぬか。
 牢を開く「鉄檻の鍵」は、ザハラク戦陣にいる、
 炎牙衆「ザハラク・ガード」が持っておる。
 まずは鍵を預かる戦陣の敵を倒し、その後に牢を探すが肝要。
 いかんせん、我らの巨躯は目立ちすぎ申す。
 それにかような隠密行動は、貴殿の得意分野ではあるまいか。」
ヤドヴ・ガー
「「ザハラク・ガード」より「鉄檻の鍵」を奪い、
 「堅固な鉄檻」と「頑丈な鉄檻」より虜囚を解放してはもらえぬか。
 お頼み申す!」
ザハラク戦陣の指定地点で待機してザハラク・ガードから鉄檻の鍵を入手
ザンラクの堅固な鉄檻と頑丈な鉄檻に鉄檻の鍵を使う
囚われた者
「くそぅ・・・・・・トカゲ野郎どもめ・・・・・・!
 今回は不覚をとったが、次は返り討ちにしてくれる!
 アラミゴの戦士をナメんじゃねぇぞ!」
囚われた者
「すげぇなあんた・・・・・・アマルジャ族を出し抜いて、
 俺たちの檻を解放してみせるなんて。」
囚われた者
「まさか、助けが来るとは思ってなかったからな・・・・・・。
 まだこれが夢じゃないのかって疑っちまうよ。」
囚われた者
「ああ・・・・・・!
 助かったのか、私は・・・・・・!」
囚われた者
「ありがたい! この恩は忘れないよ!」
囚われた者
「に・・・・・・逃がしてくれるのか!?」
囚われた者
「まさか、正気でこの檻を出られる日が来るとは・・・・・・。」
ヤドヴ・ガーに報告
ヤドヴ・ガー
「虜囚の解放は、上手くいったようでありまするな!
 これでそれがしらも、心残りなく戦にのぞめるというもの!
 貴殿にこの任を授けた、それがしの目は、
 どうやら間違いではなかったようであり申す。
 汗馬之労・・・・・・ご助力、感謝いたす。」
  鉄檻の鍵:アマルジャ族の鉄檻の鍵