ザハラク武具蔵の爆破


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ザハラク武具蔵の爆破

  • 依頼主 :ヤドヴ・ガー(南ザナラーン X23-Y14)
  • 受注条件:レベル48~
  • 概要  :灰の陣営のヤドヴ・ガーは、冒険者に破壊してほしいものがあるようだ。

ヤドヴ・ガー
「ザハラク戦陣の各所にある「アマルジャ軍の蔵」には、
 焔神の炎で鍛えた武器や、ドレイクの飼料が備蓄されておる。
 この物資を滅すれば、奴らに痛手を与えることができ申す。
 物資を焼き払うには、ドレイクの炎がもってこいであり申す。
 キャバルリー・ドレイクを駆って、その炎の息により、
 アマルジャ軍の蔵もろとも、物資を灰燼と化す!
 冒険者殿、お頼み申す。
 すでに灰の獣牧士へ、話は通しており申す。」
ヤドヴ・ガー
「ドレイクに乗り「アマルジャ軍の蔵」に備蓄された物資を灰燼と帰さ
 ん。
 冒険者よ、お頼み申す。」
ザンラク中央の灰の獣牧士と話し、キャバルリー・ドレイクに騎乗
灰の獣牧士
「うむ、「アマルジャ軍の蔵」を焼き払うとな。
 手塩にかけし我がドレイクの炎は強烈ぞ。
 火傷せぬよう、気をつけめされい。」
灰の獣牧士
「ドレイクより降り、再び騎乗を望む時は我を訪ねよ。
 さぁ、存分に任務を遂行めされい。」
キャバルリー・ドレイクに騎乗してザハラク戦陣のアマルジャ軍の蔵に炎の息を使う
ヤドヴ・ガーに報告
ヤドヴ・ガー
「おお、「アマルジャ軍の蔵」の物資を焼き払ってくださったか!
 冒険者殿こそ、まさしく一世之雄。
 百戦百勝とは貴殿のためにある言葉であり申す。
 これで奴らの力も、大いに削げたはず。
 いずれ、目にもの見せてくれようぞ!」