屈辱の塗布と鼓舞

屈辱の塗布と鼓舞

  • 依頼主 :ヤドヴ・ガー(南ザナラーン X23-Y14)
  • 受注条件:レベル48~
  • 概要  :灰の陣営のヤドヴ・ガーは、炎牙衆の士気を挫きたいようだ。

ヤドヴ・ガー
「ザハラク戦陣のアマルジャ族の虎の子、「炎牙衆」。
 不倶戴天の敵なれど、相手に不足なし!
 我らが武を思い知らし、その高慢な牙をへし折ってやり申す!
 よろしいか、冒険者殿。
 「戦利品の武具」を、
 ザハラク戦陣の「指定地点」に突き刺すべし!
 アマルジャにとって、得物は命の次に大事な宝であり申す。
 その遺品を野に捨て晒すは、すなわち最大の羞恥にして屈辱。
 さらにこれを妨害するものあれば、叩き伏せていただきたい!」
ヤドヴ・ガー
「「戦利品の武具」を、
 戦陣の「指定地点」に突き刺すべし!
 炎牙衆にとって、これ以上の屈辱はありますまい!」
ザハラク戦陣の5箇所の指定地点に戦利品の武具を設置
5つ目の指定地点に戦利品の武具を設置し、妨害するものが現れれば討伐
(アマルジャ族
「こ、これは・・・・・・
 奪われた我らの武具!?」)
ヤドヴ・ガーに報告
ヤドヴ・ガー
「戻られたか、冒険者殿。
 危なげない足取りは、万事うまくいったと見える。
 奴らめ、今ごろ切歯扼腕しているに違いない。円転滑脱!
 戦わずして敵を屈するは善の善なる者なり。
 敵の士気を挫き、戦わずして勝つ、これこそが至強の武。
 我らが「灰の一党」の兵法であり申す!」
  戦利品の武具:炎牙衆から奪った戦利品の武具