軟弱なる新兵への屈辱

軟弱なる新兵への屈辱

  • 依頼主 :ヤドヴ・ガー(南ザナラーン X23-Y14)
  • 受注条件:レベル48~
  • 概要  :灰の陣営のヤドヴ・ガーは、冒険者に日和見主義者の対応をしてほしいようだ。

ヤドヴ・ガー
「我ら「灰の一党」、常勝不敗の噂が広まり、
 その名声も日に日に高まっており申す。
 一部の若きアマルジャが、炎牙衆を裏切り、
 我らの陣営に味方しようと集まりつつある模様。
 これぞ、まさに我が陣営の増強の好機・・・・・・とは言えませぬ。
 旗色を見て主義主張を変える日和見な奴など、
 我らが誇り高き陣営には不要なりし者!
 有害無益、そんな腑抜けた輩には水でもぶっかけて、
 性根を叩き直すべきでありましょう!
 若造を叩きのめし、その無防備になった体に
 「重い水瓶」に満たされた水をぶっかけられよ!
 根性なしどもに、アマルジャ族の魂を叩きこまれい!」
ザハラク戦陣の指定地点で見渡し、現れたザハラク・リクルートを打ち負かして重い水瓶を使う
(ザハラク・リクルート
「おのれ、我を拒んだこと、
 必ずや後悔するぞっ!」)
(ザハラク・リクルート
「これは寝耳に水なり!
 お助けっ!」)
(ザハラク・リクルート
「ぎ、ぎゃっ 水っ!?
 みずーっ!」)
(ザハラク・リクルート
「うひぇっ、ちべたしっ!」)
ヤドヴ・ガーに報告
ヤドヴ・ガー
「若造どもに、たっぷりと冷や水を馳走してくださったか!
 まったく、最近の若造どもの腑抜けぶりには、
 目を覆うばかり・・・・・・嗚呼、嘆かわしや!」
  重い水瓶:水で満たされた重い瓶