ミルクミストにご用心

ミルクミストにご用心

  • 依頼主 :モキシア(黒衣森:東部森林 X22-Y26)
  • 受注条件:レベル48~
  • 概要  :シルフの仮宿のモキシアは、問題の解決を冒険者に任せたいようだ。

モキシア
「悪い子シルフがちょっとヤバいのでふっち。
 ミルクルートをガバガバ使って暴れまくって、
 わたぴたち、もう見てらんないでふっち。
 あいつら「ミルクミスト噴霧器」で、
 霧にしたミルクルートを吸いまくってるでふっち。
 このままじゃ、森がミルクルート臭くなって、
 わたぴたちまで、目がグルグルしちゃうでふっち!
 この「モルボルの胃液」をぶっかけて、
 ヤツラの「ミルクミスト噴霧器」を壊すでふっち。
 よろぴくお願いするふっち!
 あ、出かける前に「神秘的なシルフ」のところに寄って、
 「隠れ身のおまぢない」をかけてもらうといいでふっち。
 こっそり近づけるから、楽できるのでふっち!」
モキシア
「「モルボルの胃液」をぶっかけて、
 「ミルクミスト噴霧器」を壊すでふっち。
 よろぴくお願いするふっち!」
シルフ領の入口の神秘的なシルフと話す
秘的なシルフ
「ふふん、わたぴの出番でふっち?
 たっぷり「隠れ身のおまぢない」をかけるでふっち。
 「おまぢない」が切れそうになったら、
 「甘い香りの草花」を探すでふっち。「おまぢない」の効果が回復す
 るのでふっち。」
ミルクミスト噴霧器にモルボルの胃液を使う
モキシアに報告
モキシア
「壊してくれて、ありがとうでふっち!
 ミルクルートはたしなむ程度がよいのでふっち。
 悪い子シルフめ、思い知ったかでふっち!」
  モルボルの胃液:どんなものも溶かしてしまう消化液。すごく臭う