焼かれし武具の収奪

焼かれし武具の収奪

  • 依頼主 :ヤドヴ・ガー(南ザナラーン X23-Y14)
  • 受注条件:レベル48~
  • 概要  :灰の陣営のヤドヴ・ガーは、冒険者に仕事を任せたいようだ。

ヤドヴ・ガー
「冒険者殿、頼みがあり申す。
 己が心身を鍛えず、容易く神の加護に頼ろうとする、
 軟弱者に鉄槌を下すこと、手を貸していただきたい!
 軟弱者めらの掲げる「聖火」には焔神の力が宿っており、
 これにて鍛えた武具は、滅法鋭き得物となりまする。
 かような武具が敵の一兵卒に至るまで配備されれば、
 我ら「灰の一党」にとっても、大きな脅威となりましょう。
 神にすがりつく軟弱者どもは、
 鍛えし武具を本陣に持ち込み、厳重に保管している模様。
 ならば今こそ、武具を奪取し滅する好機であり申す!
 冒険者殿、ザハラク戦陣に忍び込み、
 「聖火に焼かれし武具」を奪って頂きたい!」
ヤドヴ・ガー
「冒険者殿、ザハラク戦陣の奥深くにある
 「聖火に焼かれし武具」の奪取、お任せ申した。」
ザハラク戦陣の聖火に焼かれし武具を入手
ヤドヴ・ガーに聖火に焼かれし武具を渡す
ヤドヴ・ガー
「「聖火に焼かれし武具」の奪取の任、
 その後、如何であり申すか?」
(聖火に焼かれし武具を渡す)
ヤドヴ・ガー
「ほう、これが「聖火に焼かれし武具」・・・・・・
 伝家宝刀、なるほど焔神の猛る力を感じまする。
 かような武器に頼っていては、
 唾棄すべき輩は堕ちるところまで堕ちましょうぞ。
 早急に始末をつけねば・・・・・・!」
  聖火に焼かれし武具:焔神イフリートの聖火で焼き鍛えられた武具