魔獣が守ったもの


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔獣が守ったもの

  • 依頼主 :スクリビルド(西ラノシア X26-Y26)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :エールポートのスクリビルドは、冒険者に依頼があるようだ。

スクリビルド
「さて、野に放たれた狼犬についてだけど・・・・・・
 問題は、やつらの狙っているクァールのほうだ。
 狼犬に狙われ続けて、クァールは追い詰められている。
 もはや、クァールの敵意は狼犬だけでなく、
 けしかけた海賊・・・・・・いや、人間にも向けられているんだ。
 そんなクァールを、このまま放置しておくわけにはいかない。
 市民が襲われでもしたら、どうなることか。
 こうなった以上、早急にクァールは処分しなければならない。
 ぼくらイエロージャケットの使命は、市民を守ること。
 時には非情な決断だって、しなくちゃダメなんだ。
 どうか、きみの力を貸してくれ。
 「スカルバレー」付近にいまだに潜伏しているはずの
 クァールを見つけ出し、退治してほしい。」
スカルバレー付近でクァールを捜す
クァールの幼獣
「きゅうん・・・・・・。」
クァールの幼獣を救助する
クァールの幼獣
「みぃ・・・・・・。」
クァールの幼獣は外敵から守ってくれた冒険者のことを、
親だと思っているようだ・・・・・・。
スクリビルドに報告
スクリビルド
「どうしたんだい、冒険者さん?
 「スカルバレー」のクァールは退治できたのかい?」
(クァールの幼獣を渡す)
スクリビルド
「そうか・・・・・・クァールは、もう力尽きていたのか。
 そして、このクァールの幼獣を遺したんだね。
 狼犬たちも、ほとんどがクァールに殺されている。
 幼獣を狙っていた狼犬が、きっと群れの最後のやつらだろう。
 この一件に関わった海賊は検挙できたけど、
 たくさんの血は流れたし、後味は悪い事件だったね・・・・・・。
 でもこれで、クァールと狼犬の不毛な争いは、
 ようやく収束しそうだ。
 きみの協力あってのことだ、ありがとう。
 ・・・・・・残る問題は、このクァールの幼獣だね。
 どうやらこの子、きみにすごく懐いてるみたいだ。
 親を亡くしたばかりだから、すがっているのかもね。
 危険はなさそうに見えても、クァールはクァールなんだよな。
 かといって、こんな小さな命を手にかけるのは心が痛む。
 ・・・・・・よし、決めたよ。
 きみを信じて、きみにこのクァールの幼獣を預ける。
 この子が間違いを犯さないよう、きみが育ててくれ。」
  クァールの幼獣:生まれて間もないクァールの幼獣