幼い狼犬を救え

幼い狼犬を救え

  • 依頼主 :スクリビルド(西ラノシア X26-Y26)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :エールポートのスクリビルドは、獣の密輸について確認したいことがあるようだ。

スクリビルド
「さて、商人ル・コンタイについてだけど、
 彼女がまだ密輸用の獣を囲っている可能性がある。
 悪いけど、もう一度、ル・コンタイに話を聞いて、
 危険な獣を手元に残していないか確認してくれるかい?」
ル・コンタイと話す
ル・コンタイ
「また、アンタかい・・・・・・
 何、危険な獣をまだ隠していないかだって?
 ・・・・・・わかったよ、全部話すってば。
 実は隠しておいた商品の狼犬の子供が、この近くにいてね。
 海賊がクァールに殺された猟犬を補充するためにさ、
 そいつを狙ってるみたいなんだよ。
 この騒ぎのせいでしばらく世話していないから、
 きっと腹を空かせてるに違いないんだ。
 そんな状態じゃ、きっと海賊から逃げきれず捕まっちまう。
 隠し場所を教えるからさ、アンタらで
 その「腹を空かせた子犬」を保護してやってくれないかい?
 ただ、その子犬は警戒心が強くてね。
 この「きれいな骨」で気を引き、「なだめて」やらないと、
 きっと大人しく捕まっちゃあくれないと思う。
 子犬の隠し場所は「クォーターストーン」だ。
 海賊たちより先に手に入れておくれよ、頼んだからね。」
ル・コンタイ
「「腹を空かせた子犬」はクォーターストーンにいる。
 「きれいな骨」でその子の気を引いて、
 「なだめて」やれば、きっとアンタに懐くはずさ。」
腹を空かせた子犬にきれいな骨を使う
腹を空かせた子犬
「ぐるるるる・・・・・・。」
(きれいな骨を使う)
腹を空かせた子犬
「ワンワンッ!」
腹を空かせた子犬に「なだめる」をする
腹を空かせた子犬
「がるる・・・・・・。」
(なだめる)
腹を空かせた子犬
「クゥ~ン。」
スクリビルドに報告
スクリビルド
「話は聞いたよ、冒険者さん。
 クォーターストーンで「腹を空かせた子犬」を探すんだって?
 それで、みつかりそうなのかい?」
(腹を空かせた子犬を渡す)
スクリビルド
「・・・・・・ふむふむ。
 この子がル・コンタイの言っていた子犬かい?
 さきほど、商人のル・コンタイが来てね、
 事件について、いろいろと白状していったよ。
 ずいぶんと反省していたみたいだ。
 それから、いい知らせがあるよ。
 きみがル・コンタイのところへ行っていたあいだに、
 ぼくたちイエロージャケットが、件の海賊を検挙したのさ!
 これで、一連の騒動も落ち着くだろう。
 協力、感謝するよ。
 しかし、この子はずいぶんときみに懐いているね。
 ふむ、これじゃあ・・・・・・きみと引き離すのはかわいそうだな。
 この子はきみに預けるのが一番よさそうだね。
 どうせ、イエロージャケットの詰め所じゃあ、
 勝手に狼犬を飼うことはできないしね・・・・・・。
 この子のこと、よろしく頼んだよ。」
  きれいな骨:新鮮な獣の大腿骨
  腹を空かせた子犬:腹を空かせた子犬