焔神の聖火の鎮滅

焔神の聖火の鎮滅

  • 依頼主 :ナルジ・ボー(南ザナラーン X23-Y14)
  • 受注条件:レベル46~
  • 概要  :灰の陣営のナルジ・ボーは、冒険者に頼みがあるようだ。

ナルジ・ボー
「聞かれよ、強き者。
 以前よりザハラク戦陣の者どもは、
 焔神の吹いた炎を「聖火」と称し、儀式に用いてきた。
 頃来、「聖火」を灯した「アマルジャの篝火」を、
 陣内に乱立させ、焔神の加護を得ようと躍起らしい。
 これまで幾度か篝火台に灯された聖火を潰してきたが・・・・・・
 繰り返しの儀式に、手が足りぬのが実情。
 お主の力、今一度借り受けたい。
 ザンラク脇本陣に潜入し、
 4つの「アマルジャの篝火」を見つけ出すべし。
 そして「火消しの灰」を用いて、火を消されたし。
 「アマルジャの篝火」は、奴らの精神的主柱なり。
 聖火を消せば「炎牙衆」の手の者がお主を襲うはず・・・・・・。
 気をつけられよ、お主の武運を祈る。」
ナルジ・ボー
「ザンラク脇本陣に4カ所設置されている、
 「アマルジャの篝火」を探し「火消しの灰」を用いて、
 焔神の聖火を消すべし!」
4つ目のアマルジャの篝火に火消しの灰を使い炎牙衆の手先が現れれば討伐
(炎牙衆のアマルジャ族
「この聖火は消させん!」)
ナルジ・ボーに報告
ナルジ・ボー
「うむ、焔神の聖火を消し去ってくれたようだな。
 曲突徙薪。
 かたじけないお主の助力に感謝する。
 ・・・・・・これからもこのようなことは続くはず。
 「炎牙衆」も、より一層激しく策動することとなろう。
 だが、我ら「灰の一党」とて負けるわけにはいかぬのだ!」
  火消しの灰:火を消すための灰