ミルクルートはほどほどに

ミルクルートはほどほどに

  • 依頼主 :ポニシア(黒衣森:東部森林 X22-Y26)
  • 受注条件:レベル45~
  • 概要  :シルフの仮宿のポニシアは、酔っぱらいをこらしめたいようだ。

ポニシア
「わたぴらの仲間が、酔っ払って大暴れちてるのでふっち!
 きっと、「ドリームトードのガマ油」に漬け込んだ、
 極上ミルクルートを噛み噛みしたからでふっち。
 ちょっと、こらしめてほしいのでふっち!
 「酩酊したシルフ」を弱らせてから、
 この「冷たい清水」をぶっかけるのでふっち!
 酩酊したシルフは、仮宿の周囲をさまよってるでふっち。
 酩酊したシルフが暴れてた場所で、周囲を見渡せば、
 向こうから近付いてくるはずでふっち。」
ポニシア
「「酩酊したシルフ」を弱らせてから、
 この「冷たい清水」をぶっかけるのでふっち!
 「酩酊したシルフ」は、シルフの仮宿の周辺で暴れてるふっち。
 気配を感じる場所でしばらく待ってれば、
 きっと、姿をあらわすはずでふっち!」
指定地点で見渡し、現れた酩酊したシルフを打ち負かして冷たい清水を使う
(酩酊したシルフ
「ミルクルート・・・・・・
 足りないでふっち・・・・・・」
「うぃ~っぷ、でふっち」
「ひっく・・・て、敵でふっち!」)
(冷たい清水を使う)
(酩酊したシルフ
「はっ! ここはどこ?
 わたぴは誰でふっち?」
「うひゃぁ!
 チベタイでふっち!」
「お、おええ~っ
 キモチワルイでふっち・・・」)
ポニシアに報告
ポニシア
「ごくろうさまなのでふっち!
 わたぴの漬け込んだ極上ミルクルート・・・・・・
 やっぱり、トーシロには刺激が強すぎたのでふっち!」
  冷たい清水:冷たく清んだ黒衣森の湧水