馬駆ける降神祭

馬駆ける降神祭

  • 依頼主 :黒馬与力(ウルダハ:ナル回廊 X10-Y9)
  • 受注条件:レベル15~
  • 概要  :ウルダハの黒馬与力は、宣伝活動への協力を求めているようだ。

黒馬与力
「ブルゥゥゥゥゥン・・・・・・ッ!
 その気配、助っ人の冒険者であるな!
 我は黒馬与力・・・・・・
 馬の「速さ」を広めよと、おおせつかった者である!
 しかしながら、馬なしでの任務遂行は困難。
 我が声高に叫べど、誰ひとりとして聞く耳を持たぬのだ。
 これぞ、まさに馬耳東風ッ!
 せめて黒いたてがみが颯爽と荒野をゆく姿を見せられれば、
 言葉などなくとも、馬の存在を焼きつけられるのだが・・・・・・。
 しからば、我は考えた!
 馬がなければ、馬頭が走ればいいのであるッ!
 ・・・・・・ということで、おぬし、走ってきてはくれぬか!
 我が腹心が「シルバーバザー」への道に目印を置いた。
 それをたどり、かの地まで駆け抜けるのだ!
 これは馬の宣伝ゆえ、他の乗り物は禁止であるぞ!」
黒馬与力
「聞いた話によると、このウルダハで中核を担っている
 ラウバーンという男は、牛の頭を身につけているとか・・・・・・。
 ブルゥゥゥゥゥン・・・・・・ッ!
 牛頭に馬頭とは、親近感があるのである。
 きっと良い関係が築けることであろうな!」
午形兜を被りササモの八十階段にある目印まで走る
(条件未達成)
黒馬同心
「お待ちください!
 道行く人に馬を印象付けるため、
 「午形兜」を被って疾走してくださいませ!
 黒馬与力より命を受けた、この黒馬同心が、
 陰からこっそり拝見しておりますので!」
(住民たち
「なんだぁ!?」
「チョコボ・・・じゃない!?」
「元気じゃのぉ・・・」)
午形兜を被り2番目の目印まで走る
(住民たち
「馬だー!」
「人か?チョコボか?」
「なんと珍妙な・・・」
「お母さん、あれは何ー?」
「ええと・・・何かしら・・・」
午形兜を被り3番目の目印まで走る
駆け出しの冒険者
「あのぅ、ちょっとよろしいですか?
 さきほどから、おかしなヘルムを被った方が
 この道を駆けていくんですが・・・・・・ナニゴトです?
 鬼気迫る姿に、借りたチョコボが怯えてしまって・・・・・・。
 馬になりきって宣伝をしている・・・・・・?
 ハハハッ、そんな馬鹿な!
 妙ちくりんなヘルムを被って走ったところで、誰も・・・・・・。
 いや、待てよ・・・・・・?
 恥をしのび、体を張ってまで推すからには、
 馬というのは素晴らしく速い獣なんじゃないか・・・・・・!?
 な、な、なんてこった!
 これは馬の時代が来るぞ・・・・・・乗用獣の大革命だ・・・・・・!
 帰ったらさっそく問い合わせなくては!
 貴重な情報をありがとうございます、馬のお嬢さん!
 宣伝活動、がんばってくださいね!」
(住民たち
「行け行けーっ!」
「よくわからんが頑張れ!」
「ほう、興味深いな」
「スッゲー!はえー!」)
午形兜を被り4番目の目印まで走る
(住民たち
「キャー!ステキ!」
「ファイトー!」
「チョコボより速い?」
「何か走ってるわ!」)
午形兜を被り5番目の目印まで走る
(住民たち
「格好いいじゃない」
「あと少しだぞ」)
午形兜を被り黒馬同心と話す
(条件未達成)
黒馬同心
「冒険者様、宣伝活動が終わるまでは、
 どうか「午形兜」を被り続けてください!
 走ったから暑いでしょうが・・・・・・あと少しです!」
黒馬同心
「完走です、冒険者様っ!
 大変おつかれさまでした!
 ここまで走ってくるのは大変でしたでしょう。
 飾り兜を被り、暴れ馬のように呼吸を荒げて走るお姿を
 陰からこっそり拝見しておりました。
 その激走ぶりといったら!
 貴方様の足音が、馬の蹄の音に聞こえたほどです。
 私、ついうっとりと見惚れて・・・・・・・・・・・・コホン。
 おかげで、道行く人々に馬を宣伝できました。
 たとえそれが本物より遅くても・・・・・・
 颯爽と走る姿は、強く印象付いたことでしょう。
 それに何より、この道を自ら走った貴方様にこそ、
 馬の「速さ」に興味を持っていただけたと思っております。
 いつか必ず、本物に乗ってくださいね!
 それでは、貴方様が馬の「速さ」を宣伝した証・・・・・・
 「俊足のカロット」をお持ちください。
 ウルダハへ戻り、「黒馬与力」に渡すとよいでしょう。」
黒馬同心
「「降神祭」のよき日に、大変お騒がせしております。
 こんなに多くの馬とともに、新たな季節を迎えるなんて・・・・・・
 うふふ、なんて幸せなことでしょう!」
ウルダハの黒馬与力に俊足のカロットを渡す
黒馬与力
「おぬしの帰還を待ちわびていたのである!
 無論、荒野を全力で疾走してきたのであろうな?」
(俊足のカロットを渡す)
黒馬与力
「ブルゥゥゥゥゥン・・・・・・ッ!
 黒馬同心に認められた証だな!
 宣伝活動ご苦労、あっぱれなのである!
 あれを完遂できるのは、健脚と根性の持ち主のみ。
 いかなる苦境においても果敢に前へと進む姿は、
 一迅の風となって駆ける駿馬に似る・・・・・・。
 うむ、まさに適役であったな!
 おぬしの活躍により、ウルダハでも馬が名を馳せよう。
 報酬として、我とそろいの飾り兜を持て。
 冒険者よ、これからも立ち止まるでないぞ。
 心のたてがみをなびかせ、前へと突き進むがいい!
 馬の兜は・・・・・・いつまでも、おぬしと共にあるッ!
 では、馬の「速さ」を広める活動は完了である。
 引き続き各国で宣伝を行い、
 成果をグリダニアにいる馬奉行に報告するように。」
  俊足のカロット:馬の速さを表したカロット