トップページ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミクロ経済学*


第一章


選択


  • 機会費用
    • それを得るために諦めたものの費用
  • 限界的決定
    • 活動をちょっとだけ増やす、減らすの決定。テスト前の1時間を数学の勉強を取るか、英語の勉強を取るかの判断は、専攻と1時間で得られるコストで判断するはず
  • トレードオフ
  • インセンティブ
    • インセンティブをかえずに講堂を変化させるのは難しい

  •  個人の選択
    • 希少な資源を常に選び続けている
    • 2つを選ぶと一つを得られなくなる
    • どれだけやるかを選ぶ

経済学の真の目的はお金ではなく人々の幸福と福利厚生
経済が効率的というのは与えられた利用可能な資源で最大駅の取引利益が引き出されている状態

公平性と効率性は通常トレードオフ
公平性を押し進める政策は効率性を損なう。

市場は見えない手の仕事で公立を達成する。
市場で失敗する場合もある。個人の追求が甲せいを損なうばあいもある
市場が失敗する場合
  • 個人の行動は市場では適切にこうりょされてない副作用がある
  • 取引の一方の側が自分の資源の分け前を増やそうとして相互に有益な取引をさせない
  • ある種の財はもともと市場での効率的な処理には適していない
    • 自分の生活がよくなる機会に反応

市場が公立を達成しない場合には、政府の介入が社会的厚生
を高める可能性がある

女性の社会での労働時間が増えたのは、家事のコストが大幅に減ったことが考えられる。
それまで洗濯は4時間かかっていた

相互作用

  • 取引は利益をもたらす
  • 市場は均衡に向かう
  • 社会的目標を達成するため、しげんはできるだけ効率的にもちいなければならない
  • 市場は通常効率を達成する
  • 市場が効率性を達成しない場合には、政府の介入が社会的厚生を高める可能がある
  • 取引
    • 一人ですべてをやるのではなく分担する

取引利益
  • 均衡
    • レジの並びがどこでも一緒になっている状態