狐っ子と咲夜第二話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第二話
狐と咲夜(さくや)の付き合いは長くなるのだった。
雪も積もる冬も暑い日差しの夏も涼しい秋もあたたかな春も
狐は人間の姿に化けることができた。
12歳の可愛い顔の男の子だったサラサラした髪と白い肌が目を引く
一緒に遊んだあと狐が言った
「僕とキスしておくれ」
咲夜はいいよと狐にキスをした。
3分くらい口と口をつけたまま…
狐に名前があった 白雷(はくらい)と… 名付け親は誰だか知らないけれど
咲夜はふわふわした可愛らしい女の子だった。
咲夜と白雷の愛を交わし合った。
「白雷あのね… わたし都会の中学校に行くことになったの」
咲夜が切り出した。
「中学受験でね」
「都会の私立の中学校に通うの?」白雷が尋ねた。
「そう… だからこれからあんまり会えなくなる」
「寂しくなるけどiPhoneで連絡取る」
「うんありがとう」
そうしてその日は咲夜と白雷は別れた。