ねこたろう第九話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

□ねこたろう第九話□
リカは鯉尾と会うと鯉尾がちょっとおかしい気がした。
リカは女の勘で鯉尾に問いただした。
「七戸、何か隠してない?昨日何か会ったよね?」
鯉尾は「な、なにも無いよ…」
ねこたろうが言う「何か隠しているね、七戸」
二人に問い詰められて鯉尾はブルブル震えた
シオリが「これはいうしかないわね」
「…言っても怒らない?」鯉尾が震えながらいう
リカは「怒らない。だから話してね。」
鯉尾は「昨日さつきさんの家にいったんだ。」
リカがじっと鯉尾の顔をみる。
「さつきの家で何が合ったの?」
鯉尾がもじもじしていう「さつきさんとくっついたんだよ」
「さつきとえっちしたわけね?」
「そう」
ねこたろう「リカのことは好きなんだろう?」
「すきだよ。抱きしめたいくらい。」
シオリがいう「さつきは七戸を味見したのよ。」
「じゃあわたしともえっちしてよ」
「えっ?いいの?」
ねこたろう「リカも肉食系女子だな」
鯉尾たちはリカの家にいってリカの家でリカと交わった。
「わたしは気持ちよかったけど鯉尾は?」
「うん気持ちよかった… 女の子の体ってこんなに柔らかいんだ…」
「わたしと七戸はこれで恋人になるね。」
「七戸が他の誰かと浮気してもわたしは怒らないよ。」
「わたしのところに戻ってくるんだから」
ねこたろうが「リカと七戸はずっとずっと付き合うんだよ」といった。
シオリ「七戸はリカのことが好きなのよね。」
「うんリカが好きだよ。さつきさんは綺麗だけどリカも綺麗で可愛い」
「リカ愛してる」
ねこたろう「七戸の気持ちがわかってよかったな。リカ」