狐っ子と咲夜第一話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

狐っ子と咲夜
ある田舎咲夜という女の子は森であそんでいた。
毎日森に来ているうちに狐の子供にであった
きつねはいう 「むすめっこ一人かえ?」
咲夜は「あたしひとりだけだよ」
「お前16まで覚えてたらおらの嫁っ子になってくれんかえ」
咲夜は12歳 きつねの子供も12歳?
「うんいいよ いいひとなんてそうそうみつからないし」
世間へでても良い相手なんてそうそういないそれじゃ
きつねと結婚するのも悪くないなと内心おもった。
国際結婚もあるし。
「おらお前のことすきだ。ずっとおらとあそんでけれろ。」
「心配しなくてもいなくならないよ。明日もくるから楽しみにね」
そういって咲夜は家に帰っていった