狐っ子第二話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

お正月もおわって女の子の家にきつねは遊びに行きました。
きつねがこんこんと鳴くと女の子がでてきました。
女の子がきつねの頭や喉をなでてやると気持ちよさそうにしてました。
いつのまにか女の子の弟もきてからだをなでてやりました。
弟もきれいな顔でかわいいです。
きつねは内心知らない人がきてどきどきしてましたが
体をさすってもらうと気持ちよくてどうでもよくなってきました。
女の子が今日はお餅をくれました
小さく切ったお餅をひとつづつきつねは食べました。
きつねはうれしくてコンコンと鳴きました。
お礼にはっぱをくれました。
女の子はそのはっぱで笛をふきました。
その笛の音は楽しい音がでました。
女の子と弟はきつねが帰るのを見送りました。