人魚姫第一話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

星空の下の人魚姫
ある日の夜男の子が岩の上で人影をみていた
男の子は人影に話しかけた
きみはだあれ?
人影は振り向いた女の子のようだ
私の名前?わたしはアージュ
あなたはだあれ?
男の子は答えた
僕の名前は香華
人影をよくみるとなにか変だ
そうおもっているとアージュが話した
わたしは人魚よ 人間の男の子と話すのは初めてだけど。
香華はびっくりした人魚と話していたなんて…
人魚なの?本物の?
そうよわたしの下半身はほらさかなでしょ
香華は人魚の顔をみて可愛い顔をしているのでちょっと照れていた
人魚なの?僕と友達になってくれる?あった印にももいろの貝殻をあげるから
するとアージュは貝殻をうけとって
ええわたしもあなたと友達になりたいこの貝殻ずっと忘れないよ
香華の手を握りながらいった。
また夜に会えるといいね。わたしこの岩で明日も待ってる
そう僕も明日ここへきて何かおもちゃをもってくるよ
そういってその日は別れた