進撃!クラゲ娘第四話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「この家には3人しか住んでいないでクラゲ?」
「お父さんは外国で仕事お母さんは手伝いにいってるんだ」と鐘楼が言った。
「ここではわたしが家の主だよ。太刀と燐生は未成年だから守ってやらないと」
「鐘楼は偉いのでプカリ~ 太刀はまだ子供でクラゲ 燐生は可愛いで
プカリ」
「わたしたちはこれから学校に行くから、クラゲ娘は家で留守番してね。
鍵を渡しておくから出かけるときは鍵を閉めていいね?」
「鍵をきちんとするでクラゲ 留守番するでプカリ」
wiiUがテーブルの上においてあった
「これであそぶでクラゲ」スーパーマリオ3Dワールドと
Newスーパーマリオブラザーズが入っていた
クラゲ娘は片方づつあそんでみた
「面白いでクラゲ 海の底研究所でもつくらせるでプカリ」
延々遊んで3時間時間が過ぎた
「パソコンというものも帰ってきたらやらせてもらうように頼むでクラゲ」
TVをみたキューピー3分クッキングをみた。
「美味しそうでクラゲ」
今日のお昼は冷蔵庫に鐘楼が作った料理が入っていた
クラゲ娘は冷蔵庫のご飯をレンジで温めて食べた。
昼からは散歩 ねこだまりを見つけたクラゲ娘は猫にさわってみた。
「やわらかいでクラゲ」
犬もいたので頭や喉をなでてやると気持ちよさそうにしていた
「他愛もないものでプカリ」
「そろそろ誰か帰ってくるでクラゲ」
家に帰ると1時間まってると燐生が帰ってきた。
「おかえりでクラゲ」
つづいて鐘楼が帰ってきて太刀が最後に帰ってきた。
パソコンを使いたいということで古いノートパソコンを一台もらった
LINUXをいれてネットとメールの端末機になった。
そしてクラゲ娘は鐘楼の晩御飯を食べて
布団でねたのであった。