進撃!クラゲ娘 第二話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

砂浜にでてきたクラゲ娘は砂浜をあるいていると
男の子をみつけました。
「もしもしそこの人あなたはだれ?」とクラゲ娘が聞くと
男の子はびっくりしてクラゲ娘をみました
ぼーっとクラゲ娘をみていると
「どうしたでクラゲ」
「な、なんで俺に?俺の名前は磯浜太刀お姉さんこそだれさ」
「わたしは海の底からやってきたクラゲ娘本名は長いのでくらげ娘と呼ぶで
プカリ」
「わたしには住むところがないのであなたの家に連れて行くでクラゲ」
「ええいきなりなんだよ!でもお姉さん悪い人じゃなさそうだから教える」
海を越えて市街地へいくとしばらく歩くと太刀の家についた。
鍵をあけて部屋へつれてった。
リビングにつれていくと誰かが来る音がした
「やあ太刀がお客さんをつれてきたっていってたけどこのきれいな人が
そうなの?はじめましてわたしは磯浜鐘楼(しょうろう)です。」
その後ろから小さい男のがでてきました。
「僕、燐生(りんせ)」
「はじめましてわたしはクラゲ娘でクラゲ!!」
「この家に住まわせて欲しいでプカリ」
「えっこの家に?それはわたしは構わないけど…」と鐘楼
燐生がいった
「お姉ちゃん綺麗だね。見たことないくらい美人だ。一緒に暮らせるの?」
「俺も住んでもいいけど…」
「それでは決まりでクラゲ!」
こうしてクラゲ娘は磯浜家を攻略したのだった。