ねこだるま第一話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ねこだるま第一話 はじまりはじまり

 ここはさいたま市のとあるお家です

ここからお話ははじまります

このおうちには神無トーコという女の子が家族と住んでいました。

「おかあさんおかあさんただいま」

この今かえってきたこの子がトーコちゃんです

「おかえりトーコ」

返事をしたのはお母さんです。

「おとうさんまだ帰ってきてないの?さみしい」

「お父さんはお仕事一所懸命で仕方ないよ」とお母さん

「きょうもねこだるま元気にしてるね」

とテーブルの上においてあるねこのかたちをしただるまのようなものをみてつぶやきました

このだるまのことをねこだるまと呼ぶようです。

 「ねこだるまわたし中学受かったよ」

「天真院中学校に通うんだ いつきくんも友達も一緒に合格したんだ」