※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【おはなし・SS】映画あらすじ的なもの

クリスマスイブ、親族皆で集まるクリスマスパーティに参加する主人公の リナ
最愛の祖父 アルバート と久々の再会を喜ぶ。 アルバート は天涯孤独の身から努力をし成功を納め、このような大家族に囲まれるに至った、 リナ の尊敬する人物でもある。 リナ は彼に、まだ幼い娘の ジュリア を紹介する。 ジュリア は、はじめて会うそう祖父に「じぃじはいましあわせ?」と訊ねる。
満面の笑みで肯定の言葉を口にしようとした アルバート 、その表情が一瞬こわばるのを リナ は目撃していた。
次の日、クリスマスの早朝。 アルバート は何者かに惨殺された姿で発見される。パニックになる家族達。
よりにもよって外は吹雪、完全に閉じ込められた屋敷の中で正体不明( ウンノウン )の殺人鬼による凶行が繰り返される。
次々に人が殺され、疑い合い狂気にかられていく人々。そんな中でも リナ は夫の バク と共に殺人鬼と狂った人々から、娘を守ろうと奮戦する。
そして、身を隠した暖炉の裏に隠し部屋を見つける。そこにはふるめかしくおどろおどろしい呪具の数々。その中で二人は、比較的新しい手帳を手にする。
それは ハンス と言う男の日記で、数十年前に今と同じ惨劇が起こっていたことが綴られていた。
最期のページには、 ハンス の決意と彼の最愛の息子の名が記されていた。
息子の名は アルバート …。
そして、自分達がすべきことを悟った二人は、現れた異形の殺人鬼に言った。
「自分達は殺しても構わない、ただまだ幼い娘は、幸せな未来のある娘だけは殺さないで欲しい」と。
殺人鬼は、その言葉を理解したのか、二人を殺し最期の生き残りの ジュリア だけを遺し消えていった・・・。

それから、数十年の時がたち、 ジュリア はすっかり年老いたが、家族に囲まれ穏やかな日を送っていた。
今夜は、クリスマスイブ。
パーティに集まった家族達、その中で末の孫娘 ツァール が訊ねる。
「おばあちゃん、いましあわせ?」
…その言葉に、彼女は全てを悟るのだった。

(幼女だけ救われて後はすくわれないはなし)