※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1-29 モラル・ハラスメントの特徴


  • 29 : 恋人は名無しさん : 2006/02/17(金) 10:05:44
モラル・ハラスメントの特徴

見えにくい -それが精神的・心理的なことであるため、まわりに被害が見えにくく、証拠を示すことが難しい。
証拠が残らない - 家庭、学校、職場など、外部の人間の目に触れない密室性のあるところで行われるから。
外から見ても暴力だと思わない - しかし追い込まれた被害者だけが、その本当の意味を感じ取り傷ついていく。
外に対して加害者はいい顔をしている - 「まさかあの人が」という人が加害者である可能性が往々にしてある。
仲間を装う - 加害者は、人の目があるときは虐待を悟らせないようにふるまう。
被害者を装う - 「あの人は攻撃的だ」「あんなことを言うなんて」「私は傷ついた」と、外に見せる行動では、あくまでも自分は被害者であると主張する。
加害者は被害者に対し、秘密を守るよう強要し、黙るよう圧力をかける。- はっきりとは言葉にせず、被害者の罪悪感や恥の感覚を利用して被害者自らが喋らないことを選んでいるかのように思わせる。

30 : 恋人は名無しさん : 2006/02/17(金) 10:19:23
厄介な所は、加害者が異常性のないマトモな人間であっても、
被害者の受け取り方、感じ方次第では
モラルハラスメントになってしまう所だな。

32 : 恋人は名無しさん : 2006/02/17(金) 10:37:42
すべてにおいてマトモな人間って居ないと思うけど、
恋愛関係にあって、相手がこれだけ暴力的な発言や行動をしているというのは
受け取り、感じ方次第ではすまないのでは?
愛されるようにがんばるのではなく、
相手を傷つけ、どれだけ相手が自分の言葉で傷ついたか・・・。
その傷の深さを計ることでしか、愛情を感じられない。
やっぱりおかしいと思う。


33 : 恋人は名無しさん : 2006/02/17(金) 10:44:00
被害者側が、総合失調症だとか
妄想性人格障害ってケースもあるんだよ。
うたれ弱い人は、ちょっと真剣に注意されたことでも
物凄く怒られたように思ったり、圧力を感じたりすることもあるし。

34 : 恋人は名無しさん : 2006/02/17(金) 11:04:30
 >>32
あまり定義ばかりを鵜呑みにしないこと。
人の性格は様々、モラルハラスメントのケースも様々。
加害者が皆同じ人格障害者というわけではないし、
同じように相手を試したりしてるわけでもない。

35 : 恋人は名無しさん : 2006/02/17(金) 20:23:12
暴力と違って見た目には分かりにくいから
面倒くさい事になるんだろうな
加害者も職場とかでは普通の人に見える場合が多いから
被害者が訴えてもわかってもらえない事が多い
被害者の訴えに対して「考えすぎ」とか
「自分の事も振り返って見てみたら」とか言うのは
セカンドアビューズ(2次被害)と言うらしい