やる夫


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


┏━━━━━━━━━━━━━━┳━━━━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━┓
  【名前】:やる夫                【レベル】:40      【アライメント】:中立/善
┣━━━━━━━┳━━━━━━╋━━━━━━━┳┻━━━━━━┳━━━━━━━╋
  【筋】:10      【耐】:10      【敏】:20      【魔】:50      【運】:50
┣━━━━━━━┻━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┻━━━━━━━┫
  【令呪残数】:★★★ 【魔力供給の不足】:
┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫


                        -―-
                     /        `
                       '            \
                    /              、
                  '                 }>
                /  \    /       イ
                  /_i ( ●)  ( ●)   /:/
                 \ `ー、(__人__) r―. . ´三.人
                  \三ヽ`⌒´  !三三三/= \
                        )--},不 ̄ )--―´三/三\
                  ア)yし'- ニニィ三=|三ア三三三\
                /ニ7^}:ア´/// /三ニレ'´三三三三=.ヽ.
.             ___∠三=/ /::|/////三ニ/三三三三三三= l
           /三三三 〈三/ /:::::|///三三/三三三三三三三= |
         /三ニr====='=./ /::::::::l/三`==┐三三三三三三三= j
     .  /三三|三三≡/ /::::::/三三三三|三三三三三三三=./
      /三三=|三三=/ /:::/三三三三/三三三三三三三=/
.      |三三ニ |三三/ //三三三三/三三三三三三三ニ=/

┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┫
【スキル】
○アバター・リンク:キャスター (分類:一般 タイミング:効果参照)
このキャラクターのLVに「+20」。
魔力の供給に+20点を加算。
ロータスとのリンクで、主に魔術の知識、魔力、様々な技量を投影している。

○鏡写しの月影:B (種別:心意・支援 タイミング:メインプロセス)
ロータス(変化後も含む)がメインプロセスに使用したスキル一つを
同じタイミングで、このキャラクターも使用することが出来る。

何らのかの動き、現象、能力を写し取る、再現する事ができるやる夫の特性にして魔術傾向。
その特性から何かを感じ取る力、何らかの補助や、何かを助けるモノ(影)である礼装などの作成も得意とする。
アバター・リンクとの相性が非常に良い特性となっている。

○心意・加速:C (種別:心意・支援 タイミング:メインプロセス)
【敏】での戦力の比較値に「+10」する。

心の意思、願いを糧に、現実を上書きする形で行使される魔術。
特にやる夫はその中でも、先へ進むこと、加速を基に構成されている。
その他、基本的な魔術スキル面もこれに統合されている。

○超観察眼 (分類:一般・支援 タイミング:効果参照)
敵陣営の判定の振り直し一つを打ち消す事ができる。

アバター・リンクによる経験のトレース、悟りの神眼、そして創造理解の再現
ロータスとの連携により成し得る戦術予測。


【宝具】
【太陽よ、光明を齎せ(サルンガ)  ランク:D 種別: 対人宝具 タイミング:効果参照 消費魔力:30】
メインプロセスかクリンナッププロセスに使用を宣言する。この宝具は「その他」参戦でも使用可能。
同じタイミングの宝具かスキル一つの数値への補正を「-30(-にもなる)」する。
この宝具は一度の戦闘中に一度しか使用できない。

太陽の力を宿す神弓。
射た太陽の矢はガルーダの鷲としての姿を写しとり、雷の如き疾さで敵を射抜き、焼き払う。


【捕捉】
聖杯戦争の本格的な開始から半年ほど前にムーンセルへ招かれていたマスター
雪華綺晶曰く、ムーンセルは時間の流れが地球とは異なるらしくそれが原因かもしれないとのこと

現在は、記憶を取り戻すきっかけをロータスによって手にして、徐々に思い出しているとのこと