成長システム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●【成長システム】
ダンテとやる夫の二名は特定条件での成長が可能になっている。
その他のキャラクターは成長するにはコロシアムで宝具を手に入れる等のイベント限定

経験値の獲得法については以下の通り。

   ・戦闘を行う(5or10点)
    呼んで字の如く。通常は5点だが、戦闘に勝利する等の特別な条件によって10点に点数が変動する。

   ・鍛錬する(5点)
    同レベル以上のキャラクターに「鍛錬をして貰う」ことで経験値を得られる。
    ただし「鍛錬」には相応の時間が必要であるため、準備ターンの行動を鍛錬を行う者同士の消費する、

   ・夢世界での師事(5点)
    夜眠る時=ターンの終了時に夢世界での修練が行え、自動的に経験点を取得できる。
    また、この際に経験値を使用可能

   ・その他、イベントにより獲得する可能性あり。

   以上の方法で獲得した「経験値」の使用法は以下の通り。

   ・レベルの上昇(現在レベル÷2点)
    レベルを「+10」し、それに応じてステータスを上昇させる。
    またレベルが上昇する事で、所持スキルの限界に+1。ただし、ダンテの限界LVは90。やる夫はLV60とする。

   ・新規スキルの獲得(10点)
    新しいスキルを「Cランク」で習得できる。
    一部のスキルは習得に関して条件や、追加の経験値が必要となる場合もある。
    ただし、所持出来るスキルの総数は最大で「LV÷10」+1個までとする。

   ・取得できるスキルについては作中で既に登場したスキル(あるいはそれをベースにしたモノ)とする。
    また、独孤九剣や悟りの神眼のような固有能力じみた能力は習得不可能。

   ・スキルの成長(ランクB:5点/ランクA:10点)
    習得済みのスキルのランクを上昇させる。Aランクを越えて成長させる事はできない。

   ・宝具技の習得(30点)
    やる夫の場合は、アバターリンクを利用した【救済の化身】により、ロータス及びその化身の力の極一部のトレース。
    そして、【救済の歴史】から宝具を借り受ける……という形で宝具技を劣化はするが取得可能。
    やる夫の特性とアバターリンク……そして、ロータスの特異性、力量により成し遂げられる奇跡。

    ファントム……ダンテの場合は、本人の特性に加えて、スパーダの性質を利用して
    スパーダを変形させる、あるいはそれを基に宝具を生み出す、新技を手にする等によって取得する。
    これらの宝具も作中で既に出てきたモノを参考にするか、安価で大まかな方針を決めて採用する。


●【宝具の一例】

【輪宝よ、黄昏を抱け(スダルシャナ)】
一度投げれば、何処まで敵を追いかけ敵を両断するとされる太陽の光輪(チャクラム)。


【太陽よ、光明を齎せ(サルンガ)】
太陽の力を宿す神弓。
射た太陽の矢はガルーダの鷲としての姿を写しとり、光速の一撃をもって敵を切り裂き、焼き払う。


【蒼嵐よ、悪徳を流せ(パラシュ・ルドラ)】
雷嵐を宿す斧にしてパラシュラーマの名の由来にもなった宝具。
荒れ狂う雷炎の嵐を撒き散らし、敵を消滅させる。

【現在:やる夫は30点。ダンテは5点の経験値を取得しています】