基本ルール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

●【1ターンの進行概略】
1.行動ターン……任意の行動(準備や襲撃)を行い結果を処理します。また、当然ながら兄貴以外の組も何かしらの行動を取ります。
       ↓
   2.コミュターン……他マスターや自陣営と情報交換や交渉を行います。
       ↓
   3.消費魔力の確認……自陣営の魔力消費を確認し、次ターンへ移行します。


●【行動ターン】
準備ターンは以下の5行動(+α)のうちから、1つを選んでを行うことができます。

  1.情報収集
  2.使い捨て礼装の作成
  3.サーヴァントへの魔力供給(休息)
  4.サーヴァントへの魔力供給(魂喰い)
  5.他陣営への襲撃
  6.その他


  以下、詳細。

<1.情報収集>

  他陣営の情報を入手することができます。
  判定の基本成功率は「50%」で、そこにスキル等による修正値が追加されます。

<2.使い捨て礼装の作成>

  使い捨ての礼装を作成することができます。
  判定の基本成功率は「マスターの【魔】×2%」です。
  礼装は複数を同時に消費する事で、効果を累積させる事もできます。

  『使い捨て礼装一覧』
    魔宝石  ……消費することでサーヴァンの魔力を20点回復する。
    使い魔  ……「情報収集」の成功率を「+15%」する。
    強化符  ……消費することで戦闘時、最終勝率に+5%できる。
    幻惑符  ……消費することで戦闘結果以外の%判定を1度だけ振り直す事ができる。

<3.サーヴァントへの魔力供給>

  1:休息
   休息を選択する事で、サーヴァントの魔力を回復することができます。
   休息した場合、通常の「消費魔力の確認」は行われず、サーヴァントの魔力が
   「マスターの【魔】」に等しいだけ回復します。
   これに陣地の恩恵もあり、+30されています。


<4.他陣営への襲撃>

  読んで字のごとく。
  対象を選定した上で、戦闘を開始します。

<5.やる夫とファントムの修練>

   詳細は修練の項目で説明。

●【コミュターン】
自陣営や他陣営のうち面識がある、あるいは拠点の位置を知っている相手と交流をはかれます。ただし必ずしも友好的な接触になるとは限りません。ことに他マスターとの接触の場合、その場で攻撃を仕掛けられる可能性も十分に考慮すべきでしょう。

●【消費魔力の確認】
各英霊は強力な力を有する代償として、活動に要する消費魔力が存在します。ターン終了時および戦闘終了時に消費魔力を確認し、供給不足があればキャラクターシートに記載します。魔力に関してのルールは該当項目の記述を参照。

●【令呪ルール】
 サーヴァントに対する絶対命令権。3画まで存在。
 以下の使用法が存在します。

1.サーヴァントがメインで参戦している場合、勝率に+30%。
  サブ参戦している場合は+15%。

2.戦闘におけるランダム選択ステータスの振り直し。

3.戦闘終了時まで、サーヴァントのステータス全てに「+5」。

4.任意のタイミングで使用し、英霊に即座に「+50」の魔力を供給。

5.戦闘に敗北時、令呪2画を消費することで、聖杯戦争から脱落せずに戦闘から離脱可能。
  複数陣営での参戦の場合、「両者が完全に協力する意志があれば」、陣営で合計して2画の消費で撤退できます。
  ただし撤退時に、どちらかの陣営がもし相手側を見捨てるつもりがあり、そう宣言した場合、
  双方の陣営が2画を消費して撤退せねばなりません。
  この状況でもし2画を消費できず、代替の撤退手段も無い場合は敗退します。

6:その他イベント、別行動させていたサーヴァントを瞬時に招くことなどに使用可能。


令呪使いきり後の現界ルール
1.マスター側から供給を切らない限り、マスターからの魔力供給は続く。
2.マスターはサーヴァントに対する命令権を失う。

 なお、令呪は合計3画。
 令呪をすべて失ってもサーヴァントは消失しませんが、マスターはサーヴァントに対する抑止力を失います。
 今作では、【所有者自身が同意すれば、令呪の移譲は可能である】とします。
 また、複数のサーヴァントと契約した場合、令呪は共用となります。