拠点について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マスターには全員拠点が配布されている。
初期状態では拠点の場所はばれていない。

【陣地行動】
己の陣地にて行える行動。陣地は初期段階で魔術工房としての形成も最低限されている。
改良するための機材はこれ以上は無いと言うほど質、量ともに用意されている。
なお、素の工房には特別なデータ的恩恵は存在しない(敵対者に居場所を突き止められないうちは安全、特別な行動を行えるといった利点は存在するが)
やる夫達が行える主な行動は下記の三つ


【礼装作成】
魔術礼装を作り上げる。制作には特別なスキルの所持が必要。
現在は安価によって作る礼装の傾向を決めて、それを即興で作るパターン
ただし、これについては応相談で変更の可能性が高い。

【休息】その名の通り身を休める。
改良前の素の工房としての機能だと、1行動の消費でHPとMPが最大値の3割回復する。
魔力貯蔵か内部構造強化の度合いにより変化。

どちらかのランクの高い方を採用し、E~Dで5割、B~Aで8割、EXで完全回復とする。

【陣地作成】
己の工房を強化する。
その進行度により項目ごとにLVが存在しEからAまでの5段階となっている。
ただしBランク以上の陣地作成スキルを持つキャラクターは6段階目のEXまで用意されてる

現在行える主なパターンは3つ。判定はゾロ目の連続成功数にて行い、難易度や一度の行動での作業効率は
それを行うキャラクター毎によって異なる。

【1:外部構造強化】
純粋に陣地を外部からの攻撃(大軍宝具などの広範囲攻撃に対する防御力)に耐えられるように
HP等を与える作業を行う。ただし、あくまで外部からの攻撃に対する守りであり、内部の変化は行えない。
HPが減少した場合、ランクB以下ならば行動を一度消費することでHPを最大値まで回復可能
ランクA以下なら一行動分の時間の経過と同時に自動修復される

ランクE~D:HPに+750
ランクC:HPに+1000(=合計で2500)

ランクB:HPに+2500(=合計で5000)

ランクA:HPに+2500(=合計で7500)
大軍宝具クラス未満の攻撃範囲の攻撃のダメージを半分にする。

ランクEX:HPに+2500(=合計で10000)
5000を超えるダメージ以外は受け付けなくさせる。


【2:魔力貯蔵】
魔力を貯蔵し、それを特定条件で引き出せる外付けのMP補給路として扱えるように改良する。
MPの貯蔵率は一日の開始時にE~Dが40、C~Bが90、Aが130、EXが180となっている。
この貯蔵したMPを利用できるのはパスを事前に形成した【一人】までであり、例えばマスターがパスを繋ぐと
そのサーヴァントは貯蔵したMPの引き出しは不可能となる。このパスの形成は【陣地に居る間】なら自由に変更可能。

E~D:MPを80点まで貯蔵可能、一日に一度だけ自身がMPを支払う行動の際にその消費を肩代わりできる。
C~B:MPを150点まで貯蔵可能、一日に一度だけ貯蔵したMPを好きな時に引き出せる。

A:MPを230点まで貯蔵可能、貯蔵したMPを好きな時に引き出せる。
EX:MPを350点まで貯蔵可能、貯蔵したMPをサーヴァントとマスター一組の両方共好きな時に引き出せるようにする。


【3:内部構造強化】
自身の陣地を侵入者に対するダンジョンとして作り変える。
有名例としては、Fate/ZEROのケイネス・エルメロイ・アーチボルトの魔術工房だろうか?
ただし、外壁等の強化は行えないので、侵入されない手段での外部からの攻撃、工作にはなすすべがない。
基本効果として内部構造ランク以下の気配遮断を無力化する。ランクが増える毎に能力が蓄積されていく仕組みになっている。

E~D:内部への侵入を妨害する。サーヴァントかサーヴァントと戦えるデータを持つマスター以外は侵入できなくする。
B:この陣地で戦う場合、自身の防御力に+100。内部への侵入に侵入者は2行動分の時間を消費することになる。
A:この陣地で戦う場合、戦闘の開始時に敵のHPとMPを3割削減させる。
EX:陣地の主が居る場合は、サーヴァントかサーヴァントと戦えるデータを持つマスター合わせて二名以上いなければ、
侵入者を判定に成功すれば追い返せる。
侵入者たちと陣地の内部で戦う場合、最初のターンの敵コマンドを合計4個まで閲覧できる。


キャスターの魔術でやる夫の陣地とやらない夫の陣地が転移で行き来できるようになっている。
●【やる夫の陣地】
外部構造ランクEX:HP10000、5000を超えるダメージ以外は受け付けなくさせる。

【外部隠蔽】
特別な異界からの入り口、周囲魔術工房作成者が認めた特定人物の気配や存在感を消すなどの効力があり、
これにより敵のアサシンなどがこちらの後をつけていても、陣地の発見が困難である
魔術的な探知に優れていなければ、判定をなしでこちらの後をつけての陣地の発見は不可能。
探知に優れていても判定が必要となる。

●【やらない夫の陣地】 ※表記し忘れましたが、朝の行動による陣地改築の結果です
外部構造ランクEX:HP10000、5000を超えるダメージ以外は受け付けなくさせる。
魔力貯蔵力B:MPを150点まで貯蔵可能、一日に一度だけ貯蔵したMPを好きな時に引き出せる。

●【襲撃】
陣地や居場所が判明している相手に襲撃をかける。
当然、それらが判明している相手にしか行えず、必然的に戦闘が始まる。
ただ、相手の陣地=魔術工房(要塞)に迂闊に攻め込むのは一筋縄ではいかないのは言うまでもない。

敵の陣地への攻撃は遠距離攻撃、あるいは大軍以上の範囲のある宝具やスキルでの攻撃で行える。
当然、陣地に自身が居ない間に攻撃された時には陣地側はそれに気づける。
その場合はアルカディアにいる場合は即座に、それ以外ならば2回目の攻撃終了と同時に戻ってくる事が可能。

逆に言えば戻ってくる前に破壊することも可能で、外部構造の強化をしてない陣地ならば即座に破壊に成功したとみなす
陣地の破壊に成功した場合、敵の陣地を自分の陣地にすることが出来る。
ただし、外部構造のLVは初期段階と同じ無防備状態になるので注意