ルール

【基本ルール】
全員で殺し合いをしてもらい、最後まで生き残った一体が勝者となる。
参加モンスター間でのやりとりに反則はない。ただし、島から脱出を図った場合、主催者によって殺処分される。
ゲーム開始時、麻酔で眠らされたモンスター達が会場のランダムな位置に運ばれ、配置される。
モンスターが全滅した場合は勝者無しとして扱われる。


【スタート時の持ち物】
モンスターが装備している武器、持ち物を没収。(義手など体と一体化している武器、装置はその限りではない)
衣服や鎧の類は基本的にそのままだが、あまりにも重装備の場合は一部没収される。
また、各モンスターの開始位置のすぐそばには、ふくろに収納された「ランダム支給品」が置かれている。
ランダム支給品とは、武器や持ち物がランダムに "一つ" 配られるシステムであり、戦いに予測不可能性を取り入れる為の裁量である。
なお、水や食料、地図などは支給されない。


【「首輪」について】
首輪が嵌められない体格の参加者が多いため、首輪は無い。その代わり、主催者の意志で息の根が止まる呪いがかけられている。
呪いは、能力や耐性に関係なく即死する。また、主催者側はモンスターの生死を判断出来る。
正確な位置の把握や、盗聴などは出来ないが、代わりに会場に多数設置された隠しカメラ、空中からの遠距離カメラ等によってモンスターの行動が常に撮られている。
隠しカメラは頑丈に作られており、簡単には壊れない。狙って壊した場合は主催者から警告が飛ぶ。それを無視して破壊を続けたモンスターは殺処分される。


【放送について】
死亡者を発表しても特に効果がないと判断されるため、定時放送は無い。
モンスターの多くが戦闘を放棄する、海を渡って逃げようとする、極度に反抗の意思を示す……といった姿が見られた場合に、主催者が放送で警告を呼びかけたりする。
本ロワにおいての『放送』は、モンスターたちにロワの正常な進行を促すために存在する。


【作中での時間表記】
 深夜:0~2
 黎明:2~4
 早朝:4~6
 朝:6~8
 午前:8~10
 昼:10~12
 日中:12~14
 午後:14~16
 夕方:16~18
 夜:18~20
 夜中:20~22
 真夜中:22~24

なお、ゲームは昼12時から開始される。


【能力制限について】
主催者側の手に負える程度の戦闘能力に留められる。(ラスボスや隠しボスレベルで無ければ大抵問題無い)
また、瞬間移動などの能力では容易に脱出出来てしまうため、該当する能力は封印される。