蛇足

きっとこんな話は蛇足でしかないだろう。
物語の本筋には一切関係の無い幻想上の出来事なのだから。
矢のような速度で進んでいく時間を、無理に塞き止める必要も無い。

でも、先の話には修正点が一つだけあり、そのためには理由が無くてはいけない。
だからこそ、地下空間にメテオが着弾し、結界エネルギーが断たれるまでの時間へと、巻き戻る必要がある。


 ◆



光に包まれた世界は白としか認識出来ず、知覚の枠を越えた轟音は無音として扱われる。
それがベヒーモスの意識で行われた処理であった。
とはいえ、そんなのは本来ならば一瞬だけのもの。

ただそこに、メッセージのかたまりがなだれ込むように注がれただけ。

『ベヒーモス、私は心から感謝している。
 私は、やっと生という苦しみから解き放たれた』

白の空間には、結界を担う者が立っていた。
例によって念話によるものだろう。
転移空間を張るだけではなく、メッセージすら届けられるというのは恐るべき事だ。

『フン、礼には及ぶまい。この程度、あくまでも利害の一致に過ぎない』

そして、ベヒーモスは返答した。
脳の電気信号では到底間に合わないような、刹那の中で。
『結界を担う者』の力によるものかもしれない、それとも別の現象かもしれない。
もちろんそんなことは、彼らにはそれほど重要な事ではなかったが。

『伝えたい事は以上か』
『……そうだな……。ならばもう一つ、消える前に伝えておこう』
『ああ』




その昔、どの生物よりも最も自由なポケモンがいた。
望むがままに宙を舞い、望む場所へテレポートが出来る。
賢い知能はどんな技も意のままに使いこなし、それでいて人間に縛られることは無かった。
束縛、服従なんて言葉は、彼には全くの無縁。
よほどのことが無ければ、人間たちと関わることもない。

古い文献にだけ記された情報でしか、人間はそのポケモンを知らない。
まるで蜃気楼のように、幻のように、都市伝説のように、本当に存在するかどうか誰も知らない。
だから人間はそれを"幻のポケモン"として語り継いでいた。
実態の無いものなんて、子供に読み聞かせる童話の一つでしかなかった。

ある時そのポケモンは、一本のまつ毛を落とした。
ただ、不運な事にそれを人間が発見してしまったのだ。
『存在する』証拠を掴まれた時、それは幻ではなくなる。
人間は血眼になってその自由なポケモンを探し求める。
自由なポケモンは、人間から逃げるために、その自由を少しだけ失った。

やがて人間は、そのポケモンの遺伝子を用いてクローンを――レプリカを作り上げた。
人間たちは「科学の力は凄い」と称え、「私にも分けてください」とそのレプリカを求めた。
苦心して生み出された幻のポケモンのレプリカ、人間たちはそれを何に使ったか。
案の定、戦いのための兵器として、またはコレクションとして、見世物として使った。
人間は、希少なポケモンを手に入れた満足感に浸っていた。

何よりも生み出されたレプリカは、とても強かった。
そしてレプリカは、喜ぶ人間たちに何も言わずにただ従事し続けた。
ただ、作られたポケモンが何を思い、何を考えていたのか。
人間はそんなことに興味を持たない。
希少なポケモンが手の内にある、その事実に酔いしれていたのだから。




『いでんしポケモン、ミュウツー。
 元のポケモンにちなんで、それが私に与えられた名前だった』
『お前はその名をどう思う、誇らしく感じているのか?』
『いいや、そうは思わない。人間に付けられた名など、憎しみすら湧き上がるほどだ。
 ……だが、それほどの嫌悪感を抱いていても、私はこの名を捨てようとは思わなかった。
 命名された瞬間から、私は自身の事を《ミュウツー》として見なしていた。
 そして消える前に、それを貴方に伝えたくなった』

彼には自分の感情が理解出来なかった。
人間に与えられた名に、これほどの思い入れがあることが、納得いかなかった。

『私は何故、伝えたのか。わからない……』

『我にはわかった』
『教えてほしい』

『お前は、羨んでいるのだ。まともな生を受けた者の事を。
 そして、お前の遺伝子に刻まれている自由なポケモンの事を』

生まれる意味など無い、いずれは零になる事がわかりきっている。
だが、それでも、苦痛ではなく、憎しみではなく。

生きる快楽を、自由に空を舞う幸福を、世界を知る感動を。
――それらを味わえる者たちの事を、心のどこかで羨ましく感じていた。

『自分自身の存在の証明を、誰かに示したいと思っていたのだ、ミュウツー』

ただエネルギーを作るための道具ではなく、生を受けた一体のポケモンだと。
その証明が、ミュウツーと言う名前によって与えられた。



『……そうか』

ミュウツーは無機質的に白い腕をぶらりと下げたまま俯いていた。
血色の悪そうな紫の尻尾をふわりと揺らす。

『そうだな。ミュウのような自由を知ってみたかったかもしれない。
 例え全てが消えるとわかっていても、人間に縛られずに生きる世界も、見てみたかったかもしれない』

所詮は自分とは違う生物の生き方。
それがどんなものか知る由もない。
だから、彼の目に涙が流れることも無い。

『ありがとう』

ただ、それに気付けたことに感謝したかった。
このことを知る意味なんて、何一つ無い。無駄な事に過ぎない。
それでも、生み出される前から忘れていた感情が、ミュウツーの胸の内にあった。

『フン、こちらも世話になった。
 ミュウツー……その名を覚えておこう』

ベヒーモスの言葉に、ミュウツーは小さく頷いた。



 ◆



互いに何も得ていない。
言ってしまえば、語る必要も無い茶番でしかないだろう。
しかし事実として、ベヒーモスの中で一つの名前が刻まれた。

だから、彼の思考欄を一カ所だけ、修正を入れなくてはいけない。


【B-3/廃城/二日目/深夜】

【ベヒーモス@ファイナルファンタジーシリーズ】
[状態]:ダメージ(大)、魔力消費(大)
[装備]:なし
[所持]:サタン@真・女神転生Ⅲ
[思考・状況]
基本:幻獣王の元へ帰還
 1:古城を探索する
 2:倒すと後味が悪いのでエアドラモンには会いたくない
 3:感謝している、"ミュウツー"よ


※主催者側から応急処置的に、ターミナルを防衛する人員が派遣されています。
※モリーがどういった手段を用いて盛り上げるのかは、次の方にお任せします。


No.78:君のとなり 投下順 No.80:心重なる距離にある
No.72:CALLING YOU ベヒーモス No.91:決勝(1)