心蝕

敵を引き離したことを確認すると、ガルルモンは山へと登った。
キラーパンサーの体からは完全に熱が失われた、二度と甘えられることもない。
背中から優しくキラーパンサーを降ろし、新たに得た強靭な爪で穴を掘る。
少しでも天国に近いところへ埋葬してやりたいと思った。

穴を掘り終えてしまうと、限界だったのかガルルモンの姿はガブモンに戻っていた。
ガブモンの体とは、こんなにも小さかったのか。
先程まで背に乗せていたキラーパンサーを必死で担ぎながら、そのようなことを思う。

キラーパンサーの死体を穴の中に入れ、再び土を被せる。
墓の代わりに出来るものは無かったので、からっぽのふくろを埋まった穴の上に置いた。
埋められてしまえば、もう誰にもその存在はわからない。
風が吹けば飛んでいくようなふくろだけが、キラーパンサーの存在の証だった。

「…………」
キラーパンサーの埋葬を終え、ただ呆然とガブモンは立ち尽くした。
動くだけの気力が無かった。
話す相手も今となってはいない。
かと言って、哀しみに打ちひしがれるわけでもなかった。
キラーパンサーの死を哀しむには、思い出が少なすぎた。
自分が失ったものは過去ではない。
共に歩めた未来なのだ。

許してくれ、とそう言いたかった。
もしも、もう少し自分の進化が早ければ、きっとキラーパンサーは助かったはずなのだ。
だが、許しを請おうにもその相手は既に死んでしまっていた。
この罪が永遠に許されることはない。

「すまぬ、もう行く……」
だが、いつまでも立ち止まってはいられなかった。
何もしなければ、その分だけ誰かが殺される。

心を蝕む暗黒を無理矢理に心の奥底に沈め、立ち上がる。
義務感染みている、そう己を嗤った。

行先もわからず、キラーパンサーの墓を背に進む。

風が吹き、ふくろがどこかへと消えた。

どうしようもなく陰鬱な気分だった。

【E-6/山/一日目/夕方】

【ガブモン@デジタルモンスターシリーズ】
[状態]:ダメージ(中)、疲労(大) 陰鬱
[装備]:マガタマ(ワダツミ)
[所持]:ふくろ(空)
[思考・状況]
基本:殺し合いからの脱出

[備考]
できるだけ早く進化したいと思っている。なぜか侍口調で話す。一人称は「拙者」。
ワダツミを装備することで、ガルルモンへの進化が可能となりました。

《支給品紹介》
【ワダツミ@真・女神転生Ⅲ】
マガタマの一種、氷の力を持つ。
氷結無効/電撃弱点

No.62:勝者なき戦い 投下順 No.64:不定形の王道
No.38:キミが死んで、僕が生まれた ガブモン No.71:その心まで何マイル?