※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「チキン・ラン」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

チキン・ラン」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 ――ザザン、と波音が聞こえてくる。
 目の前に広がるは海。塩っぱい潮の臭いが漂う。
 砂漠では見たことも感じたことも無い、新鮮な光景と感覚だ。
 澄み渡るような美しい蒼さ、世界を覆い尽くすかのような広大さ。
 そこにはある種の神秘さえも感じる。普段だったら、彼は呑気に見惚れていただろう。
 この場が「殺し合い」の場でなければ――――
 
 
 
 「………………」
 
 
 森の近辺の浜辺で海を見ているのは、小型のサボテンのような外見をした一匹のモンスター。
 彼はサボテンダー。この闘技場に無理矢理呼び込まれた、『参加者』の一人。
 ―そう、彼は広大な海に見惚れているのではない。
 この場における方針を考えていたのだ。
 異常な状況における、自分自身の方針を。
 
 
 
 ◆◆◆◆◆
 
 
 
 何でこんな所に呼び出されてしまったんだ?
 
 
 剣を持った旅人からも常に逃げ延び、此処まで生き続けて来た僕が。
 
 
 何でこんな理不尽な場所に呼び出されてしまったんだ?
 
 
 祭典?ふざけないでくれ。
 
 
 殺し合いの娯楽の為に僕達は呼び出されたって言うのか?冗談じゃない。
 
 
 祭典なんてクソ喰らえだ。
 
 
 だけど―――――――
 
 
 『あいつ』はヤバい。今まで見てきたどんな奴よりもヤバい。
 
 
 現に、逆らおうとしたあの獣は一瞬で塵の如く殺されてしまった。
 
 
 そう、あの『主催者』はヤバい。
 
 
 逆らえるわけがない。
 
 
 逆らった瞬間、虫を捻り潰すのと同じように簡単に殺されるだろう。
 
 
 …………なら、僕はどうする?
 
 
 
 ◆◆◆◆◆ 
 
 
 
 殺し合いはしたくない。だが、それは命の奪い合いへの嫌悪感からではない。
 ただ単に『死にたくない』からだ。
 しかし彼自身、決して『弱い』わけではない。
 その動きは獣のように素早く、体表は鎧のように固い。装甲を貫通する無数の針を放てる。
 今まで何人もの旅人を撒いてきたという実績すらある。
 だが、彼を真に恐怖させるのはこの未知の環境!
 あいつらはどうやって自分をこの場に放り込んだんだ?
 いや、そもそもそれ以前の問題。
 何で自分は『あいつら』に『捕まって』いるんだ?
 そう、『奴らに捕まった』という記憶が全くない!
 得体が知れない。例え眠っている時であろうと、普段ならすぐに気配に気付いて逃げられるというのに!
 そして、この場において周りは全て敵。モンスター同士を競わせる殺し合いなんだ。
 主催へ反抗すれば待つのは死のみ。自分達の生殺与奪が完全に握られている。
 ――――逆らうことなんて無理に決まってる。
 それこそ自殺行為と言うんだ。
 
 
 そう。
 彼を恐怖させているのは、この状況そのもの。
 
 
 
 ◆◆◆◆◆
 
 
 
 死にたくない。なら生き残る為に動くしかない。
 だが、もし自分よりも強い相手がいたら?
 
 
 …そうなったら、とにかく逃げよう。いや、そもそも正面から戦うこと自体がダメだ。
 基本は「逃げ回って隠れつつ」、遭遇してしまった時は「撤退」を前提とした体勢を取る。
 それがベストだ。正面対決で自分の体力を無駄に消耗するよりはよっぽどいい。
 潰し合いなんて他の奴らに勝手にして貰おう。
 自分は気付かれないように、戦いで傷付いた連中を仕留めればいい。
 あわよくば、弱そうな奴らも始末したい。戦闘は避けつつも、一応数は減らしておきたい…。
 とにかく、僕がわざわざ強い奴と正面から戦う必要なんてないんだ!
 そうすればきっと生き残れる!僕だって弱くはないんだ。
 あらゆる旅人から逃げ延びてきた僕ならば、生き残れるんだ。
 
 
 
 ………とりあえず、まずはどこか…隠れる場所が欲しいかな。
 こんな開けた砂浜にいて、遠くから狙われたらたまったもんじゃない。
 
 
 
 ◆◆◆◆◆ 
 
 
 
 彼は臆病だった。しかし同時に、狡賢かった。
 直接戦闘は避けつつ、他の参加者同士で潰し合いをしてもらうことにした。
 弱い参加者、傷付いた参加者がいたら仕留めつつ。
 強敵と当たったとしても、この逃げ足さえあればそう簡単に死ぬことはない。…はずだ。
 彼には一応、自信があった。異常な状況と主催者のことを除けば、だが。
 この戦法なら「生き残ること」は出来るかもしれない、という自信があったのだ。
 『異常な状況』と『主催者』、そして『死』への恐怖は確かにある。
 だが「生き残れるかもしれない」という自信が、少しだけそれを抑え込んでいた。
 強敵への不安もあるが、潰し合って傷付いていればきっと仕留められる…と。
 彼は狡猾に立ち回るという生き残るプランを考えたことで、恐怖を少しだけ抑え込めたのだ。
 とはいえ…ほんの少しだけ、だが。死への恐怖感はあくまで消えない。
 特に、あの主催者への恐怖は抑え込めても一向に消えることは無い。
 彼には、絶対に抗うことは出来ないだろう。
 
 
 
 
 
 ――――一先ず、隠れられる場所を探すこと決めた彼は、素早く森へと駆け抜けていく。
 
 
 
 もはや呑気に海を眺めている場合ではない。
 まずは適当に逃げ隠れしつつ、強い奴らに潰し合ってもらおう…。
 雑魚の始末もある程度はそいつらが頑張ってくれる。
 そして、僕はそいつらが弱っている所を『狙い撃つ』。雑魚共も適当に始末する。
 …案外何とかなるかもしれないな。
 
 
 
 
 
 砂浜に、か細く笑うような鳴き声がほんの少しだけ響いた。
 
 
 
 
 【G-4/森/一日目/昼】
 
 【サボテンダー@ファイナルファンタジー】
 [状態]:健康、この状況への恐怖(生き残れそうな自信で少しだけ抑え込めている)
 [装備]:なし
 [所持]:ふくろ(不明支給品1)
 [思考・状況]
 基本:逃げ隠れしつつ、生き残る。死にたくはない。
  1:直接対決は避ける。他のモンスター同士で潰し合ってほしい。
  2:その中で弱そうな奴、傷を負ってる奴は仕留める。
  3:危ない橋は極力渡りたくない。基本は逃げ腰。
  4:あいつ(主催)には絶対に逆らえない……
 
 【備考】
 オス。割と狡賢いが根は臆病。 
 
 
 
+|No.02:[[本当に逃がしますか? →はい]]|[[時系列順]]|No.04:[[海物語]]|
 |No.02:[[本当に逃がしますか? →はい]]|[[投下順]]|No.04:[[海物語]]|
 ||サボテンダー|No.44:[[サボってんじゃねえよ]]|