三眼魔闘記 2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(あの悪魔は・・・・)

実は俺は、悪魔についての知識がほかより多い。

半魔である親父からたくさん話を聞かされたからだ。

あの悪魔は、グールピッグ。豚のゾンビだ。再生能力が以上に高く、火炎系の攻撃で燃やしつくすしか殺す方法は無い。

つまり、かなりの強敵だ。

「「「キャーーー」」」

突然の乱入者に体育館内の人々は、パニックに陥っている。

我先に逃げようとした人で出入り口は詰まっている。

悲鳴が体育館を揺らす。

一方豚ゾンビは悠然と歩いていき、唖然として涙も流さずただ立っている男の子を捕まえた。

首を持って体を持ち上げ、黄色い唾液が滴る口に押し込んだ。

吹き出す血、男の子の恐怖の顔、目に焼きついて離れない。

当の俺は・・・あの男の子と同じように立ち尽くしていた。

運が良かったのか豚ゾンビは俺とは反対の方向に進んでいる。

出入り口は、と首を動かしてみると、何とか大半の人が脱出に成功したようだ。あと1分足らずで全員が脱出するだろう。

しかし、なぜ俺は逃げ出さないのか。訳を説明しよう。

それは、初めて本物の悪魔と会ったせいか、まがい物の紅眼が疼き始めて、思うように手足が動かせないからだ。

体に微量ながら魔力が流れる。

息が荒くなって体が痙攣を起こす。

極限状態のなか、もう一度豚ゾンビを見ると・・・

しまった。眼があってしまった。どうやらやつは、男の子をたっぷりと味わって、さて次の獲物は、と

辺りを見回したところだったらしい。

ゆっくりとこっちに向かってくる。もう一度周りを見回すと、もう誰もこの体育館にはいなかった。

「グルルル・・・グルラァッ!」

次の獲物を見つけた勝利の叫びだ。汚い唾液が飛び散る。

俺は無駄だとわかっていても、叫ばずにはいられない。

「助けてくれぇぇぇぇ。死にたくないんだぁぁぁぁぁぁぁ。」

やつはどんどん近づく。あと10mをきった。

間近で見ると恐怖が増す。

ついに目の前まで来た。やつはニッと笑うと、俺の首に手を伸ばす。俺は声も出せなかった。