三眼魔闘記


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハーメルン にも掲載





三眼魔闘記 ~サンガンマトウキ~


まだ人類が未熟で、なおかつ魔族と呼ばれる悪魔が生き残っていた時代。

人類は神に力を借り、魔族の進攻にたえながら暮らしていた。



「神より与えられし三つの眼。緋・蒼・紫。それぞれに属性が・・・・」

(めんどくせ)

こんな初歩的なことくらい、5歳の時からしってるわ。

緋が攻撃。常人では発動できない剣技を操る。

蒼が神聖術。自分の仕えている神の力が使える。

紫が魔術。契約した悪魔の力が使える。

(ほら、完璧だろ。)

校長も授業をするって方針はいいと思うが

その校長が世界基礎知識しか教えてくれない。

♪キーンコーンカーンコン♪

よしっゃ授業終了。

「それではお疲れさまでした。」

「アランくん、放課後校長室に来てください。」

げっ、またかよ。何もしてないけどな・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

見てのとおり俺は今、学校にいる。

中等学校3年、あと1ヶ月で卒業だ。

校長からは前から目をつけられていて、何度か校長室に呼ばれたこともあった。

もちろん、悪い理由で・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



俺は荷物をまとめて帰ろうとし、校長室に行く用事を思い出してあわてて向かった。

コンコン

「失礼しまーす」

何の用だろうか。

いつもここに来ると緊張するんだよな・・・と思いながら、ふかふかソファに座った。

校長は机から封筒を持ってきた。

「早速だが本題に入るぞ。今朝な、君宛に緋眼騎士団の方から招待状が届いた。」

!!! あの「レッドアイズナイツ」から招待状!!!???

「この前審査員が学校に来てね、君の目と、その身体能力を評価してくれた。」

そういえばいたな。知らないおっさん。

「どうかね、入団するのかは君しだいだが。まぁ一度親と話し合ってみなさい。報告を待っています。」

どうする・・・

俺にはまだ学校の誰にも言ってない秘密があるんだ・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ひとまず家に帰った俺は、母に招待状を見せた。

「レッドアイズナイツ?何だっけそれ?」

「常識だろこんなの!緋眼を持つ超人騎士たちが集まった騎士団だよ!」

「あぁ~。年って怖いわね。」

「でもあんた、あの事は言ったの?」

「まだなんだ。」

説明するとだな。

俺は祖先が悪魔と交わっていて、少しばかり魔族の血が混じっている。

魔族の血は体の一部に集まり、その部分を悪魔化する。

ちなみに俺は目に集まった。

悪魔の赤い魔眼。

そう、俺は本物の緋眼ではなく、魔眼としての緋眼なのだ。

といっても、代を重ねるにつれ薄くなっていった魔族の血は、悪魔化する力も弱まっていった。

俺の目はもう魔眼ではなく、ただの赤い目。

だから見ただけで物を燃やしたりする能力はない。

というわけで、緋眼騎士団には入れないのだ。

だが、騎士団に入らないと周りからも国からも変な目で見られてしまう

どうするか・・・・



決断はまだくだせていない

滅多なことではこの招待を断る人はいないんだが

「できないもんはできないもんなぁ・・・」

卒業式までには受諾、もしくは辞退を決めなければならない

そして今日が卒業式なのである。

校長には

「式終わったらいいます」

って言っておいた。

━━━━やべーよどーするよ。

    みんなとの別れを惜しむひまなんてねーよ

俺が真剣に悩んでいるのに、他の皆は泣きまくっている。

そんな時、大きな地響きが・・・・・

「地震・・・?」

いや、違った。

いきなり式場の壁が粉々に砕けた。

そして中に入ってきた何か。


あれは・・・・


━悪魔だ。