2チーム制


  • スタッフは原則、「半分の時間ではスタッフ、もう半分の時間では参加者」 とします。
    なお、一日を通して「一般参加者」という形でのエントリーも可能ですが、スタッフは「エントリー順」「参加費」の点で優遇されます。

  • スタッフを、 「Odd(オッド= 奇数月生まれが参加 )」「Even(イーブン= 偶数月生まれが参加 )」 の2チームに分けます。
    キャリア・地域別の組み分けではなく、誕生月によるいわば「ランダム」 にするのは、下記の理由によります。
    ・チーム分けに関する人事事務の省略化 
    ・両チームで偏らず、幅広い問題を出すことが可能

  • 偶数月生まれ=Oddのスタッフ、Evenにプレーヤーとして参加
    奇数月生まれ=Evenのスタッフ、Oddにプレーヤーとして参加
    ☆下記「補足」をご参照ください。

  • どちらのチームに配属されるかは、誕生月で機械的に分けます。
    ただし、
    「地域開催の責任者・副責任者が“奇数月どうし”“偶数月どうし”」
    「問題Aスタッフ内に夫婦・家族などがいて、奇数月・偶数月に分かれてしまう=問題漏洩などの可能性がある」
    などの理由により、本来の誕生月と異なるチームに入れた方がいい場合は、特例としてもう片方のチームに入れることも有りえます。

  • 事前に問題のすり合せ・調整は実施しません。
    そのため、問題の一部が重複する可能性もありますので、あらかじめご了承ください。

補足


 二重の意味で「わかりにくい」という声がある可能性がありますが、下記通りご理解のほどよろしくお願いします。
  • 「OddとEvenだと、どちらが奇数か偶数かわかりにくい」(そのため「Kiss」と「Goose」にする案もあった)
    →Odd(オッド)は3文字なので奇数、Even(イーブン)は4文字なので偶数
  • 「奇数か偶数かはわかるけど、どちらに参加するか紛らわしい」
    →ベースとなるのは「どちらに参加するか」。そのため奇数月生まれはOddに参加、偶数月生まれはEvenに参加(もう一方でスタッフ)。