【大前提】

  • 「関東以外の地方ではまだまだイベントが少ない」現状を解決すべく、極力多くの地域で、同じ日に開催したいと考えております。 各地域の方については、ぜひご協力お願いします。
  • しかし、東京から「押し付ける」のではなく、各地域の方が「責任を持って」「楽しい一日にするために」運営するのが大前提となります。
    特に今回は「同日開催」であるため、主催者である私が他の地域に当日お伺いすることができません。私抜きで支障なく各地域で運営できる体制が必要となります。
  • そのため、 当日責任もって運営いただく「開催責任者・開催副責任者」を担ってもいい方が、各地域で最低【2人】いない限り、その地域での開催は行わないこととします。
  • もちろん、事前の準備については極力省力化し、できる限り複数の地区で開催できるようにします。

【「開催責任者」と「開催副責任者」】

  • 各地域ごとに、開催責任者・開催副責任者を置きます。権利関係の扱いは「運営Aスタッフ」に順じます。
  • 責任者と副責任者は、異なるチームとなるようにします。もし誕生月が「奇数どうし」「偶数どうし」になった場合は、特例として、副責任者はもう片方のチームに入ることとします。
  • 責任者と副責任者は、他の運営Aスタッフ、Bスタッフと協力して下記の職務にあたります。

《事前》 ・会場確保(基本的に他地域と同じ日に確保する)、料金支払い
・「オプション」(後述)の採用可否の決定 
*備品管理、エントリーについては本部で一括処理する。
*「問題Aスタッフ」と兼務してもいいし、しなくてもよい。
《当日》 ・スタッフ業務(問題読み、司会、記録)
・参加費の集金
*懇親会の実施については、各地域で有無を判断し、会計も地域ごとの独立会計とする。
《事後》 ・指定フォームでの記録の送付
・会計報告(黒字の場合は「参加費の送付」、赤字の場合は「赤字分の請求」)


【「シンプル」と「オプション」】

  • 最低限の「シンプル」タイプでも実施可能なように、台本を構築します。 
  • その他は「オプション」を用意し、各地域の状況に合わせて適用いただきます(一部のオプションのみ追加、という形でも結構です)。

シンプル オプション オプションの為に必要な人員・物
役割分担 司会が問題読みを兼ねる(ただし、極力分けるのが好ましい)
*記録担当は必ず一人専任で置く
司会と問題読みを別に用意 司会、問読み、記録
ペーパー採点 プレーヤーが交互採点 スタッフが採点 参加者20人につき、スタッフ1人(他の係とは別で)
早立ち得点管理 プレーヤーが交互採点 スタッフが採点 参加者10人につき、スタッフ1人
音響 使用しない 使用する 音響係1名、パソコン・スピーカー
場内カメラ 使用しない 使用する 撮影係1名、カメラ・三脚・プロジェクター
懇親会 実施しない 実施する 店の手配・人数カウント・会計(独立会計)

【東京と各地域の役割分担】


<全国(本部=東京)での管理>

  • 問題
  • 形式
  • 台本
  • トータルの会計(各地域では赤字を出さないようにし(本部から補填する)、赤字は問題集にて回収します)
  • 配布物印刷(ペーパー問題用紙、ペーパー解説用紙、企画書、スコアシート等)
  • 名札印刷
  • 備品手配(クリアファイル、ペン、ティッシュ、赤ペン等)
  • 音響ファイル準備
  • サイト運営
  • 事前エントリー受付

<各地域での管理(共通)>

  • 会場確保(同日開催につき、特にお手数おかけします)
  • 諸経費・参加費の管理
  • オプションの採用の検討
  • 当日の運営全般(進行、問題読み、得点付け、当日エントリー受付等)
  • 終了後、記録の送付

<各地域での準備(オプション)>

  • 「音響」-パソコン・スピーカーの手配
  • 「場内カメラ」-カメラ・三脚・プロジェクターの手配
  • 「問題プロジェクター」-パソコン・プロジェクター(カメラと共用でも可。その場合は切換器が必要)の手配
  • 「懇親会」-懇親会会場の手配、懇親会受付、会計

【6/14現状】

  • 東京=必ず実施
  • 大阪・福岡=現状で実施可能性大
  • 札幌・仙台・名古屋=交渉中
☆その他地域についても、オファーがあれば実施します。
☆イベントの形で行うことが困難な地域については、「サークルの一企画」として問題・企画を共有する可能性があります。ただし、同日開催ではない可能性があります。また、公式サイトに記録は掲載しません。