オブジェクトにぴったりあわせる


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オブジェクトを別のオブジェクトのサーフェイスにピッタリと揃える方法は?

同じアイテムレイヤーにある単純な形のオブジェクトに沿わせたいときは、 Tack (タックツール) を、Move Connected Vertices (接続した頂点を移動) オプションを 有効にして 使うとよいでしょう。複雑な形のオブジェクトの場合には、Animate (アニメーション) 画面にある Drop Action (ドロップアクション) 機能を使うと便利です。元のオブジェクトと配置先のオブジェクトは、それぞれ別のアイテムレイヤーに置かれている必要があります。そして、元のオブジェクトのセンターを、適切な位置に移動します。通常は、Edit (編集) > Center to Bounding Box (センターをバウンディングボックスへ) > Bottom (下) を使います。次に、Drop Action (ドロップアクション) の Place and Align (配置と整列) を使用します。最後に、ツールが何も選択されていない状態で、元のオブジェクトを左クリックで選択し、配置先オブジェクトのサーフェイスまでドラッグしてください。マウスボタンを放すと、オブジェクトはその場所のサーフェイスに揃います。