リトポ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リトポに関しては何も知らない状態では3DCOATの方が4r3の多分現状では一番有利かと
Qremesherがもしかしたらこれに追いつけるかも知れないので期待したい所。

ソフト同士のリトポの比較

zBRUSH 前置き工程の後、アクティブにした物に対して面をなぞりパッチ充てしいくような感じ
3dcoart 表面をなぞる機能は当然ですがフリーハンドで形状を作り面付けが出来る
topogun リトポに特化したソフトらしい。

当然3dcoatの方が直感的で速いです。
速さと言うより面の流れを考えたらパッチじゃない分直感的だと言う印象


公式の説明。

理屈は独自ですが簡単なので取り敢えず再現出来れば簡単に理解出来るかとは思います。


1.リトポするオブジェクトを読み込む

2.subtoolでinsertでZsphereを読み込む

3.このzsphereはRIggingという項目が有ります

4.topology edit で 表示しているオブジェクトの面に対して張り付くようになります。


公式イジーリトポ。


↑簡単に要約

  • リトポしたいモデルを可能な限りローポリにする。ハイメッシュだとまずクラッシュします。

  • Zスフィアを選んでローポリのモデルをリギングとセレクトトポする。

  • エディットトポロジーにしたらCtrl+右クリックで全体をマスキング。

  • Shift+右クリックというかShiftを押しながらモデルに沿ってなぞっていくとブラシのサイズに合わせてかってにトポロジーラインが形成される。